移民の少女を狙った暴行事件、独ベルリンで相次ぐ 憎悪犯罪か

警察によって張られた立ち入り禁止区域用のテープ。ドイツ北部リューベックにて(2018年7月20日撮影、資料写真)。(c)dpa / AFP 【2月11日 AFP】ドイツの首都ベルリンで10日、いずれも外国人の少女を狙った暴行事件が2件発生し、警察が捜査を行っている。移民への憎悪が犯罪の動機となっている可能性があるという。 一連...

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
※メールアドレスは公開されません。
"ねとなび"は今ネットで話題になっている最新記事と最新ニュースを全部まとめてチェックすることができるサイトです。 スマートフォンからも同じURLで閲覧できます。
人気の反応
ニュース
comments powered by Disqus