有楽町スバル座が2019年10月をもって閉館、53年の歴史に幕 - 映画ナタリー

有楽町スバル座は、日本初の洋画ロードショー劇場であった丸の内スバル座を継承し、有楽町ビルの竣工とともに1966年4月に開館。53年に及ぶ歴史の中で「イージー・ライダー」「ブリキの太鼓」といった洋画の興行を行い、“スヌーピー作品”の上映館としても知られた。近年では大林宣彦の監督作「この空の花 長岡花火物語」...

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
※メールアドレスは公開されません。
"ねとなび"は今ネットで話題になっている最新記事と最新ニュースを全部まとめてチェックすることができるサイトです。 スマートフォンからも同じURLで閲覧できます。
人気の反応
ニュース
comments powered by Disqus