「結婚したまま」性別変更を家裁に申し立て…同性婚の是非を問う審判に | MBS 関西のニュース

結婚したあと、性同一性障害と診断され性別適合手術で女性となった50代の経営者が戸籍の性別変更を求めて京都家庭裁判所に審判の申し立てを行いました。結婚した人による性別変更の申し立ては初めてということです。 8日、申し立てを行った京都市の50代の経営者のAさん。女性と結婚し子どももいますが「性同一性障...

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
※メールアドレスは公開されません。
"ねとなび"は今ネットで話題になっている最新記事と最新ニュースを全部まとめてチェックすることができるサイトです。 スマートフォンからも同じURLで閲覧できます。
人気の反応
ニュース
comments powered by Disqus