もしも七年戦争でフランスが勝っていたら……――学校では学べない世界近現代史入門 | 文春オンライン

北米、インドでの植民地戦争でイギリスが敗れていたら 大英帝国ではなく大仏帝国ができていたかもしれない ◆◆◆ 1984年に在外研修でパリ第三大学のマックス・ミルネール教授のゼミに出ていたときのこと。完璧なフランス語で発表するインド人の女子学生と親しくなり、なんでそんなにフランス語がうまいのかと尋ねてみると「だって、私、ポンディシェリー出身だから。フランス語は母国語(マザー・タング)なのよ」という答...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1KasugaRei@hatena 2018/02/14 20:17
もしもアメリカ合衆国がフランス系国家として成立していたら、という空想はしたことがある。英米法ではなく大陸法に則り、自由を重んじても極端な自助至上主義とは無縁で、ついでにメートル法を採用する米国……。
2kowyoshi@hatena 2018/02/14 20:46
佐藤大輔が生きててまだ架空戦記を書く気力が残っていたら、7年戦争でフランスが勝った世界の世界大戦を手がけていたかもしれない(そして完結はしない)
3mouseion@hatena 2018/02/15 04:55
先に言っておくが歴史的に行って不可能だった。何故なら財政を顧みないルイ14世の太陽政策の結果、15世16世代はその尻拭いをやってきたのは明白。つまり14世の時代に堅実な現実路線であれば成功したかもしれない。
4the_sun_also_rises@hatena 2018/02/15 09:05
まだら模様のフランスの植民地ポンディシェリー(https://goo.gl/FkNt3H)。つい最近解消されたけどインドとバングラデシュの国境も飛び地だらけ(https://goo.gl/nqrUUE)だったし陸上の国境線のない日本人には興味深いよね。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-02-14 13:24:02:1518582242:1534669486
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応