ポスティング制度見直し案 大谷選手は特例で交渉へ | NHKニュース

プロ野球の選手が大リーグに移籍する際に使う「ポスティングシステム」について、大リーグ側が日本の球団に支払う「譲渡金」の見直しを求める中、今シーズン終了後の大リーグへの移籍が濃厚になっている日本ハムの大谷翔平選手については、譲渡金について特例を設ける方向で交渉が進められていることがわかりました。 現在のポスティングシステムは、選手の大リーグ移籍を認めた日本の球団が2000万ドルを上限に譲渡金を設定し...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1buu@hatena 2017/09/14 06:01:57
特例が必要ない制度を作ろうよ。
2mutinomuti@hatena 2017/09/14 15:03:53
単にマイナースタートは嫌、25歳まで待つのも嫌、国内で6年頑張るのも嫌ってことでしょ? 将来の大リーグ選手であるマイナー入って頑張ってる人軽視してるんだけどいいの?
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-09-13 21:33:03:1505305983:1510983235
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応