「怖すぎ」「人間でもビビる」 イノシシ撃退オオカミ型ロボ、世界で話題に (1/3) - ITmedia NEWS

農作物荒らし対策の“切り札”として試験的に導入されたオオカミ型フィギュア「スーパーモンスターウルフ」。その姿に「怖すぎる」「人間でもビビる」という衝撃の感想が広がっている。 野生動物による農作物荒らし対策の“切り札”として、千葉県木更津市内に試験的に導入されたオオカミ型フィギュア(模型)「スーパーモンスターウルフ」-。7月に産経ニュースが「獣害対策の“秘密兵器”吠えるオオカミフィギュア」と紹介後、...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1deep_one@hatena 2017/10/12 13:35:08
このアングルが無茶苦茶怖い(笑) 別の報道写真を見たときにはそんなに怖くなかったんだよね。/「北海道オオカミが絶滅した土地の会社が、ロボットのオオカミを開発してみせた」
2toshi0383@hatena 2017/10/12 14:34:55
開発に7年かけてLEDチカチカするだけって方にビビってる。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-10-12 07:56:01:1507762561:1508663500
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応