発達障害の当事者が考えた「弱者のための仕事術」 | 日刊SPA!

かつては未成年の問題だと思われてきた発達障害が、「大人の問題」として急速に認知され始めている。メディアでの露出も増え、自分や周りの人間に対して「実はそうなのかも」と思った人もいるのではないか。果たして「大人の発達障害」を抱える社会人たちの現状とはどんなものなのか。発達障害の当事者が見つけた「仕事...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1oilfish@hatena 2018/08/10 19:10
応援します
2blanccasse@hatena 2018/08/11 19:35
年齢を重ねる毎に楽になるのは、自分の取説が積み上がり、気合い入れるべきところと手を抜いていいところの区別がつくようになるからかも。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-08-11 06:19:02:1533935942:1534598733
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応