両備グループ、競合の参入認可取り消し求め、東京地裁に提訴へ  :日本経済新聞

両備グループ(岡山市)の小嶋光信代表は17日午前に記者会見し、傘下の主力黒字バス路線に競合他社の新路線が参入することを巡り、国土交通省による認可の取り消しと認可効力の執行停止を求め、東京地裁へ同日夕に訴状と申立書を提出する方針を示した。両備側は中国運輸局による参入申請の認可に不備があり違法であると主張している。  岡山市中心部と市東部の西大寺地区を結ぶ同グループの路線には、八晃運輸(同)が低運賃循...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1wkoichi@hatena 2018/04/17 15:46:49
“「めぐりん」の新路線の運行開始が27日に迫る中、両備側は9日、国土交通省に新路線の認可執行停止と認可取り消しを申し入れ。13日までの回答を求めたが、明確な回答を得られなかった”
2hate_flag@hatena 2018/04/17 16:13:01
ユニバーサルサービスとは人口密集地路線の黒字で人口過疎地域の赤字を補填する仕組みなので密集地にだけ展開する企業に出てこられると困るわけで
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-04-17 08:33:01:1523921581:1524732060
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応