『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』1話の手の芝居と演出について - Paradism

2018 - 01 - 12 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』1話の手の芝居と演出について アニメ演出 アニメ芝居 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 輪郭線や反射光・影の多さなど、これまでの 京都アニメーション 作品を振り返っても特筆して線量の多いデザインと言っても過言ではない今作ですが、その中でも特に印象に残ったのは手の芝居に関してでした。それも感情や想いがその手を動かしているよう感じられた...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1Pasta-K@hatena 2018/01/13 14:38:44
確かに手の芝居多かった
2takehanogi11@hatena 2018/01/13 21:49:13
今回も作画すごいなぁくらいでこれ読むまで気付かなかった
3norick@hatena 2018/01/14 10:57:56
手を映すシーンが多いのは気になってた。図らずも?同クールでやってる「りゅうおうのおしごと」も原作から手の演出がキーポイントになってるのよね。
4takuver4@hatena 2018/01/14 20:05:16
【ネタバレ注意】なるほど。今日 Netflix で見たけど説得力のある解説だ。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-01-13 07:19:00:1515795540:1516136674
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応