【読書感想】『14歳のバベル』鬱々とした前半を読み終えると後半急に面白くなるファンタジー - りとブログ

お元気ですか?りとです。 今日は、暖あやこさん著の『14歳のバベル』という小説を読み終えたので感想描きます。 14歳のバベル 作者: 暖あやこ 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2018/02/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る この物語は後半めっちゃ面白くなります。 その面白くなる導入部分までちょっと...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1uchu5213@hatena 2018/07/11 19:59
ლ(๑✪ ω ✪๑)後半急に面白くなる本は結構・「当たり」な気配ですね!
2mashley_slt@hatena 2018/07/11 23:30
後半から盛り上がっていくストーリーというのは惹かれますね。前半が暗いとのことでしたがそれでも後半まで惹きつける「8年前の出来事」はこの感想を読むだけでも十分気になるファクターです!後でアマゾンチェック
3UrushiUshiru@hatena 2018/07/12 01:49
前半鬱々していて後半からどんでん返しが始まる系の物語は大好物なので気になりました。
4rito-jh@hatena 2018/07/12 06:20
後半激アツの現代パラレルファンタジー小説の感想です!
5tukkoman@hatena 2018/07/12 11:09
後半から面白くなるのは良いですね! 見てみたいですね。
6Tatsuyang@hatena 2018/07/12 12:18
これは面白そうですね(。・ω・)y-゚゚゚
7kazu-log@hatena 2018/07/13 01:55
謎があると先が気になってしまいますよねー
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-07-11 14:32:01:1531287121:1531818960
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応