シリア北西部で使われたのはサリン=化学兵器禁止機関 - BBCニュース

Image copyright EPA Image caption ハーン・シェイフンへの攻撃では子供も大勢被害に遭った(4日) シリア北西部ハーン・シェイフンで4日に多数の住民が死傷した攻撃は、猛毒のサリンかサリンに似た物質を使った化学攻撃だったと、化学兵器禁止機関(OPCW)が発表した。化学兵器禁止条約に基づき設置されたOPCWは19日、被害者10人から採取した物質を検査した結果、「疑いようの...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
2017-04-20 21:08:02:1492690082:1503219193
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応