高層階に住む人が心肺停止を起こしたとき、生存率が低いのはなぜか?|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

上階から眺める景色は壮観だが、危険な代償を伴うかもしれない。高層階に住む人は心停止を起こした際の生存率が低いことが、新たな研究で明らかにされた。3階以上では、上階になるほど生存率が低下し、16階以上では生存の可能性が「ほぼゼロ」であるという。 その理由は単純に、第一対応者の到着に時間がかかり、治療が遅れるためであると、研究を率いたヨーク地区救急サービス(カナダ)のIanDrennan氏は述べている...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1ume-y@hatena 2018/04/17 08:46:45
「その理由は単純に、第一対応者の到着に時間がかかり、治療が遅れるためであると」
2KoshianX@hatena 2018/04/17 09:25:38
3階以上ってだけで生存率だいぶ下がるのなあ。AED 大事だなこれ。
3ishitanakoi@hatena 2018/04/17 09:48:10
そんなこと言ったら病院からの距離や道路の混雑具合も計算に入れないとだね。そもそも心肺停止してからの4.2%が0%ってくらいなら気にしないでしょ。高層階云々以前に生存率を高める手段はいくらでもある。
4daruyanagi@hatena 2018/04/17 12:35:32
まぁ、いざという時に色々不便なのは分かって住んでるんじゃないかな
5seats@hatena 2018/04/17 15:41:01
救急車が空飛ぶ時代になるまでは仕方ないよなあ。どう考えても車止めて1階の玄関から入って(下手すると管理者に開けてもらって)エレベーターで上がらなきゃいけない。ビル内にAEDじゃなく救急救命ロボを配置すべし
6kamezo@hatena 2018/04/17 18:00:55
〈16階以上で生存の可能性「ほぼゼロ」〉とな。高層階では「一家に一台AED」になっていくのかもしれない(一人暮らしだと、どうにもならんけど……)。
7xevra@hatena 2018/04/17 19:07:42
AEDは各階に設置すべきなんじゃねーの? 心臓は結構良く止まるよ。他人事じゃないよ
8masakanou@hatena 2018/04/18 15:43:13
やばい
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-04-17 00:47:02:1523893622:1524130055
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応