都市の空き家・空き地 取り引き活発化の対策検討へ | NHKニュース

人口減少などの影響により空き家や空き地が増え、都市がいわば「スポンジ」のように空洞化しているとして、国土交通省は空いた建物や土地の取り引きを活発化させる対策などを検討することになりました。 このため、国土交通省は専門家の委員会を設けて今後の対策の方向性をまとめました。この中で、価格が安い空き家や空き地は仲介手数料も安く、不動産会社が敬遠しがちで取り引きが進まない現状があるとして、自治体が所有者と購...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1chintaro3@hatena 2017/07/17 11:54:23
まず不動産屋の仲介料の上限を見直すべき。
2kuippa@hatena 2017/07/17 12:56:43
おくだけで家を一件まるごと解体してくれる重機ルンバのほうが商機ありそう
3yocchi@hatena 2017/07/17 14:46:30
“人口減少などの影響により空き家や空き地が増え、都市がいわば「スポンジ」のように空洞化しているとして、国土交通省は空いた建物や土地の取り引きを活発化させる対策などを検討することになりました。”
4deadwoodman@hatena 2017/07/17 21:16:52
“価格が安い空き家や空き地は仲介手数料も安く、不動産会社が敬遠しがちで取り引きが進まない現状があるとして、自治体が所有者と購入希望者を仲介する仕組みづくりが必要だとしています”
5danseikinametaro@hatena 2017/07/18 02:30:20
助成金と引き換えに天下りポストを用意させるとか?『自治体側が撤退をとどまるよう働きかけ』
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-07-17 03:16:01:1500228961:1500828305
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応