花と狂言 - デイリーポータルZ:@nifty

ここのところ妻の機嫌が悪い。「週6で飲みに行くのは異常」「窓全開で冷房をつけたまま寝るな」などと言うのだ。もっともである。 そんな話を知人にしたところ、「お花をあげるといいですよ。とくに淡い黄色やグリーンは気分を鎮めてくれますから」と言われた。彼は花屋で働きながら狂言師を目指している。 花の話、狂言の話、どちらも面白い。ならば、2つを組み合わせて記事にしようではないか。というわけで、街中の花を見て...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1seven_cz@hatena 2017/09/14 02:43:41
幸寿司ののれんだけ「草木らしき」…。おもだか、ですよね。
2Josequervo@hatena 2017/09/14 07:03:03
タイトル満点なぐらい惹きつけられたんだけど文体が平凡で早々にしおしおになった…。もうちょっと題材に合った語り口で頼むよ。
3ume-y@hatena 2017/09/14 12:08:35
あー、あの草がカタバミなんだ。
4Gaju@hatena 2017/09/14 12:12:02
葉の形が芙蓉じゃないように見えるのだが。白いムクゲじゃないかな
5Josui_Do@hatena 2017/09/14 13:13:13
お寿司屋の家紋はオモダカ(丸に沢瀉)。狂言の演目(松羽目物)もやる歌舞伎の澤瀉屋(市川猿之助、市川右近など)の定紋でもあります
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-09-14 00:36:02:1505316962:1506347691
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応