ゾンビ映画の父ジョージ・A・ロメロ監督が死去 77歳 肺がんのため - シネマトゥデイ

映画『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生』『ゾンビ』などを手掛け、ゾンビ映画の巨匠として知られるジョージ・A・ロメロ監督が亡くなったと、現地時間16日に LA Times が報じた。77歳だった。 『ランド・オブ・ザ・デッド』『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』などをロメロ監督と手掛けたプロデューサーのピーター・グルンウォルドが同紙に明かしたところでは、同監督は肺がんとの「短くも勇敢な闘...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1koyhoge@hatena 2017/07/17 09:14:28
ロメロ逝く。
2nikutetu@hatena 2017/07/17 09:46:19
ゾンビに噛まれて死んだというのは誤報。
3u-li@hatena 2017/07/17 15:32:03
“家族によると、最期は自身の愛したジョン・フォード監督作『静かなる男』(1952)のサウンドトラックが流れる中、妻のスザンヌさんと娘に見守られながら、静かに息を引き取った”
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-07-17 01:12:01:1500221521:1500827182
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応