脳とは「記憶そのもの」だった──「記憶のメカニズム」の詳細が明らかに|WIRED.jp

NEWS 2017.08.12 SAT 17:00 脳とは「記憶そのもの」だった──「記憶のメカニズム」の詳細が明らかに 記憶と脳の関係、そして記憶のメカニズムの詳細を明らかにする論文が発表された。研究結果によると、記憶とは「脳に蓄積される」ものではなく、脳が「記憶そのもの」であり、脳細胞やシナプスなどが「時間を理解」しているのだという。 TEXT BY NICK STOCKTON TRANSLA...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1ganaonaga@hatena 2017/08/12 18:28:56
脳のメカニズムふくざつ!
2MasaoBlue@hatena 2017/08/12 18:59:11
なぜ仕組みのわからないものの内部を知りたくなるのか
3karatte@hatena 2017/08/12 19:00:19
「分子、イオンチャンネルの状態、酵素、転写プログラム、細胞、シナプス、それにニューロンのネットワーク全体をほじくり返してみると、記憶が蓄えられている場所など、脳内のどこにもないとわかります」
4cliphit@hatena 2017/08/12 19:10:15
時間を観測できない以上、イオンの濃さやシナプスの行き来でパターン作って再現するのが実用的かつ効率的で安かった。チューニングし続けた結果、ほぼ無ラグになって時間と無関係な「記憶」という認識が生まれた。
5shields-pikes@hatena 2017/08/12 19:53:21
超面白い。記憶とは、データとして格納されているわけではなくて、常に自らを変容させ続けるプログラムの在り様でしかない、と。過去を想い出す時の感覚も、かつての「とある回路の状態」そのものの再現なんだな。
6itouhiro@hatena 2017/08/12 20:17:01
「記憶とは、過去のある時点で活発だった脳の複数部位のつながりが、再び活性化すること。記憶が蓄えられている場所は脳内のどこにもない。脳は経験を複数の時間スケールに分解する。記憶はつねに脳をつくり替える」
7nozipperar@hatena 2017/08/12 21:54:51
脳の解明って怖いよな 悪用すれば人間の中身を書き換える事が出来てしまう
8shozzy@hatena 2017/08/12 22:07:04
面白い。今後解明が進むことにも期待。
9tokyocat@hatena 2017/08/12 22:14:22
《記憶とは「脳に蓄積される」ものではなく、脳が「記憶そのもの」であり、脳細胞やシナプスなどが「時間を理解」しているのだという》なるほど! 記憶の機構、そして時間の正体までが、この観点なら見えてきそう!
10yomo_w5_3@hatena 2017/08/12 22:54:34
"記憶とは「システムそのもの」""ヒトの記憶は、どんなに大切な記憶であっても、粒子のレヴェルからスタートする" 超高性能な3Dスキャナ・プリンタが出来ても、個人の記憶や感情を正確に観測し再現するのは不可能と
11t_massann@hatena 2017/08/12 23:03:05
BS世界のドキュメンタリー「メモリー・ハッカー~記憶が塗りかえられる」でちょうど同じような話をやっていた。https://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=170601
12tick2tack@hatena 2017/08/12 23:12:34
“広義では、記憶とはシステムに起こった変化であり、そのシステムの将来の働きを変化させるものと定義される” 脳に限らず。専用化された素子をネットワーク化したものが脳。
13goldenbatman2@hatena 2017/08/12 23:33:47
ウィトゲンシュタインが言ってたが真実だったと、再確認
14kibarashi9@hatena 2017/08/12 23:35:05
概念の構築回路自体が無数に出来上がってるってことか。
15sekirei-9@hatena 2017/08/12 23:58:07
その時の生化学的な状態が完全に再現されるわけじゃないから、人の記憶は美化されたり変質したりもする。
16Shin-JPN@hatena 2017/08/13 00:05:20
現代脳科学が明らかにしつつある「意識や記憶は動的な状態」という知見を補強する研究がまた一つ。静的データでない以上、記憶はいくらでも書き換わるし意識の連続性は怪しい。自己とはかなりふにゃふにゃな代物。
17peketamin@hatena 2017/08/13 00:07:56
フリップフロップを組み合わせた回路を出されて「この回路の振る舞いにより『記憶』を実現できる」と言われた時の感覚。そして多分、脳以外の組織にも記憶回路はある
18k_oniisan@hatena 2017/08/13 00:24:55
脳のある局所的状態がある体験の記憶に該当し、その中にまた局所状態があってという入れ子構造になっていて、全体でひとつの体験の記憶になってると。てかさ、具体的に説明しろよ。
19keisuker@hatena 2017/08/13 00:32:47
途中で記事読むのやめちゃったけど、ブコメ100文字で解決。なるほどなるほど
20bell_chime_ring238@hatena 2017/08/13 01:11:51
おもしろい。この文脈でいくと、物忘れってどういう機序なんだろうね。回路自体が使わないエリアに片付けられてるってことなのかな
21sugawara1991@hatena 2017/08/13 01:13:37
記憶とは、脳が特定の場所にその情報を保持することではなく、脳が総体としてその情報を想起しうる状態へ遷移することであると
22rusemoly@hatena 2017/08/13 01:13:47
では意識とは?
23amd64x64@hatena 2017/08/13 01:32:53
言い方を変えただけ
24tettekete37564@hatena 2017/08/13 02:11:21
“記憶が蓄えられている場所など、脳内のどこにもないとわかります」”
25tanayuki00@hatena 2017/08/13 02:33:31
脳内に記憶の保管庫があるわけではない。「どんな知覚経験も、ニューロンの分子に変化を生じさせ、ニューロン同士の接続を再編する。つまり、脳は文字通り記憶でできていて、記憶はつねに脳をつくり替えているのだ」
26Yuruku_Tekito@hatena 2017/08/13 02:46:47
多重人格者がそれぞれ個々に記憶を持つことを考えると、ニューロンの接続パターンとは統計学的に無数にあるんだろうな…自己と記憶は分かちがたいのか
27kei_1010@hatena 2017/08/13 02:51:34
脳の仕組みを模倣したAIの研究に応用できると良いのだが
28ryuukakusan@hatena 2017/08/13 02:59:24
つまりどう言うことだってばよ
29you21979@hatena 2017/08/13 03:13:38
なんとなくクロージャっぽいなと思った
30natu3kan@hatena 2017/08/13 04:17:02
記憶を呼び起こすのは都度、材料を取り出しレシピをみてカレーライスを作るようなもの。材料の不足などで代用品つかった思いつき、または認知バイアスというメシマズ嫁がレシピをアレンジし、記憶の同一性を失う時も
31ueshin@hatena 2017/08/13 05:27:23
記憶とは時間ですらない。終わったことの脳内の再現であり、それを時間といえるのか。現在思い返している現在の心象でしかない。
32jintrick@hatena 2017/08/13 05:43:05
形而上学的ポエムというくだりで読む気失せる。
33kyokucho1989@hatena 2017/08/13 05:48:33
楽しい
34hihi01@hatena 2017/08/13 05:48:44
粒子 → 量子 かな?「ホロン」とか言われてた頃からの指摘。日のものに何も新しいものはない。
35shinzor@hatena 2017/08/13 06:22:50
信号の流れやすさ
36kaizokuyobare@hatena 2017/08/13 06:23:49
脳か
37leiqunni@hatena 2017/08/13 06:27:05
人は知ることで変わる。
38yamam1980@hatena 2017/08/13 06:32:00
なにこれ!おもしろ!
39wata300@hatena 2017/08/13 06:38:59
《記憶を定義するのは、時間を定義するのと同じくらい難しい。》
40qtamaki@hatena 2017/08/13 06:45:08
君の記憶が君のすべてだ
41homarara@hatena 2017/08/13 06:55:31
このモデルだと、認識さえできれば記憶できることになるから、脳の損傷による前向性健忘なんかが説明できないのでは?
42cocoronia@hatena 2017/08/13 07:13:52
私の感覚的な捉え方でいうと記憶や脳はゆらぎ、なのかなー
43mamezou_plus2@hatena 2017/08/13 07:27:02
パターン・シフトとその分岐性
44hathatchan@hatena 2017/08/13 07:33:24
人間の脳を交換したらどうなるんだろう…
45ebmgsd1235@hatena 2017/08/13 07:34:01
“記憶とは「脳に蓄積される」ものではなく、脳が「記憶そのもの」であり、脳細胞やシナプスなどが「時間を理解」している”追体験という知覚経験、過去や未来について思い巡らす想起、脳は未だ常に既に今、ここで。
46TACOMIC@hatena 2017/08/13 07:41:19
#蛸あらん #蛸OL #蛸宇宙儀
47periodict@hatena 2017/08/13 07:42:08
詳細が明らかに、ってこれレビュー論文だからな
48mucci@hatena 2017/08/13 07:59:35
ふ~ん
49primedesignworks@hatena 2017/08/13 08:04:50
あの子の顔をなかなか思い出せないのは何故なのか。いつも見ているはずなのに。
50wlcb@hatena 2017/08/13 08:12:28
「典型的な記憶とは、過去のある時点で活発だった脳の複数の部位のつながりが、再び活性化することでしかないのです」
51kangaetemita@hatena 2017/08/13 08:13:10
“これは、単なる形而上学的ポエムではない。”
52freefox@hatena 2017/08/13 08:52:03
そのものがデータ、記憶か。やっぱり凄いな!
53pppzzz@hatena 2017/08/13 09:09:18
“脳内”
54progrhyme@hatena 2017/08/13 09:13:01
SFでよくある「ヒトの脳を保存しといて記憶を再生」みたいなのは、まだまだ先の話って感じかな
55noisun@hatena 2017/08/13 09:29:17
これは論文を読んでみたい。なんかこういうのを理解しているかいないかでも自分の中の動きというかシステムが変化する気がして楽しい!
56ai_gaminglife@hatena 2017/08/13 09:34:14
アマデウス待ったなし
57airj12@hatena 2017/08/13 09:36:24
学習モデルが変われば記憶も変わると
58pokochan55@hatena 2017/08/13 09:53:58
興味深い話。でも、脳のことだけに内容が難しかった。図があると嬉しい。
59elephantskinhead@hatena 2017/08/13 09:54:40
ぶっちゃけよくわからん
60wow64@hatena 2017/08/13 09:54:53
けっこうAIに似てるかもな
61yoiIT@hatena 2017/08/13 09:58:36
“脳が「記憶そのもの」であり、脳細胞やシナプスなどが「時間を理解」している”
62masudamaster@hatena 2017/08/13 10:06:06
『これは、単なる形而上学的ポエムではない』 草
63Nao_u@hatena 2017/08/13 10:10:12
「広義では、記憶とはシステムに起こった変化であり、そのシステムの将来の働きを変化させるものと定義される。」
64gowithyou@hatena 2017/08/13 10:20:10
「program as a data」 Lispの世界じゃないか。さすがLispは人工知能プログラムに使われただけあるな!
65velonica3@hatena 2017/08/13 10:22:02
“記憶とは「システムそのもの」” 攻殻機動隊に出てきそうなセリフっぽくてかっこいい。
66mobits@hatena 2017/08/13 10:26:43
アプリとDBは分けるべき。
67kabochatori@hatena 2017/08/13 10:33:29
風来のシレンの回想の実装と一緒だ!(操作を記録してそれを再実行してる)。そしてバグの元
68KeitaroKitano@hatena 2017/08/13 10:46:47
記憶とはいかに曖昧なものであるかがわかる。警察の自白強要はシステムダウンさせるためのDDOS攻撃に似てると感じた。 “記憶が蓄えられている場所など、脳内のどこにもない。記憶とは「システムそのもの」なのだ。”
69htnmiki@hatena 2017/08/13 10:59:38
これはむしろ記憶の移植に光が見えたのか?
70a1ot@hatena 2017/08/13 11:24:07
“研究者たちはバクテリアに光の点滅を予測させることに成功している。アメフラシの反応のような原始的な記憶であっても、進化的観点から有利。生物が過去の一部を未来と統合し、新たな課題に挑戦できるようになる”
71emj1025@hatena 2017/08/13 11:36:19
記憶は簡単に変わってしまう事に納得
72pineapplecomputer@hatena 2017/08/13 11:57:04
本論から外れるが、やっぱり獲得形質は遺伝するんじゃないの?・・・ドクター増田、教えてよ!「アメフラシの反応のような原始的な記憶であっても、進化的観点からは有利になる」。
73netsurfer100@hatena 2017/08/13 12:03:17
これ何気に大発見
74hitoyasu@hatena 2017/08/13 12:09:48
あまり明らかになっていない感がある。
75hi_kmd@hatena 2017/08/13 12:22:19
とりあえずデバッグ困難な構造っぽいなーとは思った。一箇所の変更が予想もできないところに影響を与えそう。
76tomotan_uki@hatena 2017/08/13 12:29:22
こういうの読むたびに「ブッダって、すげーな」とつくづく思う。
77unagiga@hatena 2017/08/13 12:36:39
体験によって脳内の回路が構成され、それを追体験する(回路に電気信号みたいなものを通す)ことが記憶という理解で良いのだろうか?
78iku-sawa11@hatena 2017/08/13 12:50:27
いや,記憶を再現するための情報はどこに記録されてるのよ?
79pilpilpil@hatena 2017/08/13 12:56:32
NLPが効果的だという論に展開できるかも。記憶がこの通りだとしたらコアトランスフォーメーションは間違っていないとも言える。
80maicou@hatena 2017/08/13 13:39:44
デジタル時代になってから、すべてのものは複製であるという持論があるのだけど、これもそういうことだよな(自分だけが理解できるメモ)。
81a_chida3@hatena 2017/08/13 13:48:29
今している治療に関して当初からシナップスとニューロンなどの考えを含めて習慣化された行動と記憶という観点から、さわる。ふれる。の違いを明確に差を設けて手法にあたれと師匠は生前言っていた。そして今がある。
82pochi-mk@hatena 2017/08/13 13:51:02
難しいので後で読み直す。
83slkby@hatena 2017/08/13 13:54:14
物理の探求も極めればすべて情報に行きつくのだからなにもおかしくはない(極論)
84udongerge@hatena 2017/08/13 14:36:41
内容はさっぱり分からないが興味深い。
85takamurasachi@hatena 2017/08/13 14:48:00
「分子、イオンチャンネルの状態、酵素、転写プログラム、細胞、シナプス、それにニューロンのネットワーク全体をほじくり返してみると、記憶が蓄えられている場所など、脳内のどこにもないとわかります」
86GOD_tomato@hatena 2017/08/13 14:58:09
そのシステムを解明できれば完全自立型のAIの誕生も近いのかも。
87synonymous@hatena 2017/08/13 15:13:01
世界規模の伝達。音の媒体を通して伝えられた、感動的な表現
88yoshi-na@hatena 2017/08/13 15:13:20
思い出すというのは引き出すのではなくて再構築するということなのか…
89chirasinouramemo@hatena 2017/08/13 15:31:36
シナプスの伝達物質が減る病気になると記憶力も落ちるわけですね。
90Nan_Homewood@hatena 2017/08/13 17:07:16
難しい。後で読み返す。
91FeZn@hatena 2017/08/13 17:07:47
まず一冊目は、ジュニア新書とかそのへんまで噛み砕いた本で読んでみたい。(概要は分かったけどちょっと理解が追いつかなかった)
92hobo_king@hatena 2017/08/13 17:11:59
面白いような恐ろしいような……記憶をバックアップしようとしたら、脳丸ごと、いや神経系は体中にあるから下手したら人間の体全体をコピーせにゃならんって事かな。
93umiyosh@hatena 2017/08/13 17:14:34
人形使いっぽい
94kentrino@hatena 2017/08/13 17:17:38
パラメータ付きの回路素子の集合と考えるだけで良い
95Velas@hatena 2017/08/13 17:21:34
“システム”
96takahiro_kihara@hatena 2017/08/13 18:16:09
"記憶とは「システムそのもの」なのだ。"
97o120furusawa@hatena 2017/08/13 18:44:29
脳は経験に文脈を添える。
98blueboy@hatena 2017/08/13 18:49:54
このくらいなら、とっくにわかっていた。記憶とは、部分領域ではなく、脳全体の神経の状態なんだよ。 http://j.mp/2fC0jmc /一方、これだと、感覚記憶と、知識とが、区別されていない。精密に分類せよ。→ http://j.mp/2uQfdHp
99abababababababa@hatena 2017/08/13 20:36:55
時間は存在しない、あり方でしかない、って、「神との対話」って本で同じこと言ってた気がする。
100norton3rd@hatena 2017/08/13 20:38:57
お釈迦様の『無我説』が一段と補強された
101lenore@hatena 2017/08/13 20:52:07
概要を表現しようとすると文学的、詩的、哲学的にもなってしまうこの事象。面白い。
102schrift@hatena 2017/08/13 21:21:29
おもしろー
103xevra@hatena 2017/08/13 21:26:41
男どもが死ぬまでおっぱいを求め続ける理由がここにある。
104deadwoodman@hatena 2017/08/13 21:33:07
“ニューロンのネットワーク全体をほじくり返してみると、記憶が蓄えられている場所など、脳内のどこにもないとわかります”
105simabuta@hatena 2017/08/13 22:05:50
つまり「人間だもの」というもの言いの根拠が補強された、ということか。
106rryyu@hatena 2017/08/13 22:31:31
池谷裕二かと思ったら違った
107publicphysics@hatena 2017/08/13 22:35:12
なんでこの記事にここまで人気が?モノは言い様という感じで、仮説としてそこまで珍しいとも感じないけど。。/でも、このくらい踏み込んだ推定がNeuronでできるくらい、知見が集まってきたんだなと思うと感慨深い。
108kagehiens@hatena 2017/08/13 23:07:44
短期記憶を体表面近くの熱分布で代用できる気がする時があるんだけど、背景にはこういうことがあるんだと言われれば納得
109noko3354@hatena 2017/08/13 23:12:22
記憶が脳なのか。生まれたばかりの時ってほぼまっさらなシステムってことなのかな?
110adsty@hatena 2017/08/13 23:47:25
記憶が存在できるのは、脳内の分子、細胞、シナプスが「時間を理解している」から。
111macj_jp@hatena 2017/08/14 00:22:25
“記憶が蓄えられている場所など、脳内のどこにもないとわかります”
112danboard_twins@hatena 2017/08/14 01:49:27
アメフラシですら!(「カッパですら!@伝染るんです。」の感じで)
113ryokujya@hatena 2017/08/14 03:17:49
嫌いなタイプの人がいてそれがシナプスネットワークで形成されていたとして、ある嫌いな人タイプで克服できたとしたら、元の嫌いなタイプの人もネットワークの変化で嫌いでなくなるのかなぁ?それとも個別?
114yasudayasu@hatena 2017/08/14 03:38:54
「分子、イオンチャンネルの状態、酵素、転写プログラム、細胞、シナプス、それにニューロンのネットワーク全体をほじくり返してみると、記憶が蓄えられている場所など、脳内のどこにもないとわかります」と、言う。
115cl-gaku@hatena 2017/08/14 04:38:06
状態そのものなのか
116SasakiTakahiro@hatena 2017/08/14 04:49:04
記憶とは「システムそのもの」。
117knagayama@hatena 2017/08/14 08:19:16
脳は物理的に記憶を表象していると
118ryuzi_kambe@hatena 2017/08/14 09:32:24
マッドサイエンティストの声で読んでみよう:「理想的な世界においてなら、ニューロンひとつひとつの挙動をリアルタイムで追跡できるのですが」
119strategy-pm@hatena 2017/08/14 10:34:50
データとロジックというものが人間(生物)に当てはめることができないという面白い話。これだけで物語作れそうじゃないか。
120sai0ias@hatena 2017/08/14 12:11:50
人間と同じようなAIを作るのはやっぱり無理なんだろうなと思う。AIはAIとしての発展をするだろうけど、人間のそれと同じにはならない。
121paradisemaker@hatena 2017/08/14 12:29:30
「脳が時間を理解している」ことが判明したならノーベル賞もんだけど、元論文も英語記事も当然そんなことは書いていないわけで。
122yooks@hatena 2017/08/14 13:42:09
ニューロンネットワーク自体が学習であり記憶だと理解してたけど、それをシステム全体としてとらえようってこと?時々の状態が次の学習を行う、脳システムが都度都度変わり続けるってことか。まさに「今ここ」だな
123atsushi0908@hatena 2017/08/14 16:28:22
いろいろ判明してきますね。
124sheephuman@hatena 2017/08/14 18:29:10
研究手法にノックアウトマウス─つまり遺伝子操作で一つの機能を取り除いたマウスで実験するというものがあるそうだ。同様に人間も、例えば「時系列が覚えられない」ような先天異常を持つ人なんかで比較出来る。
125wosiss@hatena 2017/08/14 19:55:14
これは為になるわ。
126athomesummer@hatena 2017/08/14 20:34:44
記憶のメカニズムかーこれは興味深い
127delegates_involved@hatena 2017/08/14 23:35:47
脳科学はわくわくしますね
128joint1@hatena 2017/08/15 08:50:46
経験によってニューロンのつながりの相対強度が変化する。脳は常に変化しているって感じ?そうなんだろうけど、その詳細が興味深い
129mskn@hatena 2017/08/15 11:15:20
記憶が蓄えられている場所はなく、記憶は、情報としてでなく知識として脳内全体で保持されているということ?[AI]
130masadream@hatena 2017/08/15 14:02:10
ほえー。
131gogatsu26@hatena 2017/08/15 22:37:29
“「分子、イオンチャンネルの状態、酵素、転写プログラム、細胞、シナプス、それにニューロンのネットワーク全体をほじくり返してみると、記憶が蓄えられている場所など、脳内のどこにもないとわかります」”
132ruicc@hatena 2017/08/16 14:05:04
とりあえず人間を分子に到るまでのコピー作ったらそれはシステムのコピーであって同一の記憶を保持するということでいいかな
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-08-12 11:35:01:1502505301:1505907133
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応