東芝、WDが譲らず方針転換 「訴訟で恫喝し…」 不信感が改めて浮き彫りに (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

東芝が東芝メモリ売却で「日米韓連合」を軸に交渉する方針転換をしたのは、本命だった「日米連合」を主導する米ウエスタン・デジタル(WD)が条件闘争で譲らず、合意が難しいと判断したからだ。訴訟や迫る売却期限といった弱みを突かれ、強気な姿勢を貫くWDに対する不信感が改めて浮き彫りになった。ただ、日米韓連合にも訴訟リスクがくすぶり、着地点ははっきりと見えていない。  「訴訟で恫喝(どうかつ)し、自分たちの経...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1nanoha3@hatena 2017/09/14 09:06:11
WD強いなー
2REV@hatena 2017/09/14 10:56:26
日本が提携すると、95%出資でも、その5%をタテに95%を毟られる印象。
3ttop@hatena 2017/09/14 11:49:24
これくらい日系企業も強くならんもんかね
4kingate@hatena 2017/09/14 12:20:54
WDが正しい。水に落ちた犬のくせにキャンキャン吠えてんじゃねぇ、ってとこだろ。実際未来で困るのはWDだが今困るのは経産省と東芝だ。人でなし交渉は正しい。
5hiroomi@hatena 2017/09/14 12:23:34
"国際仲裁裁判所への提訴が障壁になって他陣営との交渉が進まず"
6call_me_nots@hatena 2017/09/14 14:03:12
“日米韓連合を主導するベインは、ネックであるWDとの係争が続いていても買収を完了できる起死回生の案で東芝を自陣営に傾かせた”
7osknabe@hatena 2017/09/14 20:30:08
なんかシャープがホンハイに買収された時の事を思い出す展開。結局日本の会社はグローバルビジネスの切った張ったの世界では、甘ちゃんなのか。関係者は胃に穴があきそうだろう。気の毒に。
8coper@hatena 2017/09/14 21:21:59
この被害者面は何?提携を無視して第三者売却をちらつかせ、議決権を渡さず資金だけ求めるのだからWDの強硬姿勢も当然。上場廃止回避のための慌てた売却先探しの足元を見られるのも当然。
9TakamoriTarou@hatena 2017/09/14 22:50:57
産経にこれってことは、東芝はもうWDに売るしかないのはわかってるけど、リークを使って少しでも有利に進めようって腹かなぁ。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-09-14 03:16:01:1505326561:1511279233
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応