働き方改革には会議時間削減が必須!時間管理術の視点からみた削減ポイントとは | Work × IT

自身の仕事の効率を上げつつ、労働時間を削減するためには、特に会議や打ち合わせの時間を削減することが必須となります。本記事では時間管理の視点からみた労働時間・会議時間削減のポイントをご紹介します。「働き方改革」の課題のひとつとして、労働時間の削減(長時間残業の是正)に取り組もうとしている企業は多くあります。たとえば、残業時間(退社時刻)に制限を設けて、極端な長時間残業をなくそうとしている職場もあるで...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1yoiIT@hatena 2017/07/17 17:23:03
こういう研究楽しそう
2hiro_curry@hatena 2017/07/17 22:16:53
「定例会議のアポをとる」のが仕事の人がいたりして、なんだかなー。
3isano@hatena 2017/07/18 09:44:24
おう
4miro0623@hatena 2017/07/19 19:03:31
時間管理コンサルタント…?
5keijir@hatena 2017/07/20 00:25:41
なんか違う時間削減じゃなく質の向上だろ。目の前の時間より後戻りしない工夫。合意形成ミス。役割範囲の曖昧。工程の段取り、見積もりが甘い。連絡がない。責任者がない会議。管理職のせいで担当は大変なんだよ
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-07-17 13:24:01:1500265441:1500964703
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応