徳川家康が病没するまでの過程 - Togetterまとめ

*徳川家康が元和2(1616)年正月21(22)日に具合が悪くなり、4月17日に没するまでの過程を金地院崇伝の日記『本光國師日記』ほかの史料を用いて順にツイしたものの途中まで。日記&書状などの情報・誤訳の指摘歓迎。(3/10より)

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1gui1@hatena 2017/03/20 14:31:54
タイの天ぷらじゃないのかよヽ(`Д´#)ノ
2K-Ono@hatena 2017/03/20 14:49:07
これも国会議員さまは事実を直させないというのだろうか。嘆息。
3osaan@hatena 2017/03/20 15:17:28
辞世が三通り、とのことだが、どれも別人の似たようなのを聞いた気がする。というか、あまりよろしくない。
4taron@hatena 2017/03/20 20:01:10
徐々に衰弱していく姿と、権力者だけにお見舞いの人がたくさんやってきて、対応する人が疲弊する状況。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-03-20 07:23:01:1489962181:1498441428
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応