トランプ政権下で起きている米児童書の変化 | 渡辺由佳里 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

<移民、黒人、女性、性的マイノリティなどへの差別が表層化したことで、社会問題への若者の意識が高まっている> 毎年5月末ごろの3日間、アメリカ最大のブックフェアである「ブックエキスポ・アメリカ(Book Expo America, BEA)」が開催される。これは版権やライセンスの取引が中心の国際見本市であるフランクフルトやロンドンのブックフェアとは異なり、おもに出版社が図書館や書店の関係者を対象に発...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1kaos2009@hatena 2018/06/12 22:27
[オバマ大統領のもとでは、人々は政府に抵抗しようとは思わなかった。若者の間にも大統領がなんとかしれくれるだろうという他力本願的なところがあり、社会的な問題に対して自ら行動しようとしなかった
2machida77@hatena 2018/06/13 03:35
BookExpo 2018のYA向けの動向から。
3IkaMaru@hatena 2018/06/13 16:20
さりとてブッシュのような「権力者や企業が選んだ大統領」では無力さを覚えるだけだっただろう。「市民のダークサイドによって選ばれた大統領」たるトランプだからこそ、対する側も知恵と勇気で立ち向かう気になる
4medicineman@hatena 2018/06/14 05:38
“たとえば、近年のYA(ヤングアダルト)部門の台頭だ。ヤングアダルトは、主に高校生のティーンを対象にしたジャンルのことだ。 ”
5cham_a@hatena 2018/06/14 06:59
「トランプ大統領の登場は、アメリカが変わるために国民が支払わねばならなかった犠牲」
6mmsuzuki@hatena 2018/06/14 15:32
“「トランプ大統領の登場は、アメリカが変わるために国民が支払わねばならなかった犠牲」”
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-06-12 15:34:01:1528785241:1529519569
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応