契約社員と正社員、通勤手当での格差は「違法」 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

北九州市小倉北区の運送会社「九水運輸商事」に勤務する契約社員4人が、同じ業務内容の正社員と待遇に格差があるのは不当だとして、同社に正社員との通勤手当の差額などの支払いを求めた訴訟で、福岡地裁小倉支部(鈴木博裁判長)は計約110万円の支払いを命じる判決を言い渡した。 今月1日付の判決によると、同社は北九州市中央卸売市場内で、海産物の荷役業務を取り扱っており、正社員21人、契約社員約30人。正社員は、...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1hahnela03@hatena 2018/02/14 16:43
通勤手当は、正社員には1万円、契約社員は5000円が支給されていたが、会社が14年10月に就業規則を改定し、ともに月額5000円に変更された。
2mouseion@hatena 2018/02/15 05:03
>通勤手当は、正社員には1万円、契約社員は5000円が支給されていたが、会社が14年10月に就業規則を改定し、ともに月額5000円に変更された。←いずれにせよ少なすぎないか。全額支給ならまだしも。
3maturi@hatena 2018/02/15 07:22
正社員を下げて格差解消|派遣社員を上げるという選択はなかったのか
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-02-14 20:52:02:1518609122:1526906665
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応