欧州で珍重されたセイウチ牙、意外な産地が判明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

セイウチの上顎の骨と牙。最新の研究では、これらのDNAを解析し、中世ヨーロッパで珍重されていたセイウチの牙の出どころを特定した。(PHOTOGRAPH COURTESY OF MUSÉES DU MANS.) 今から1000年前、ノース人と呼ばれる北欧の人々は、氷に閉ざされた辺境の地グリーンランドまで足を延ばし、定住していた。当然ながら、楽...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1gimonfu_usr@hatena 2018/08/11 02:10
( "〔西暦〕1100年代"のその後、"〔西暦〕1400年代半ばまで" )
2roirrawedoc@hatena 2018/08/11 07:38
“セイウチ、見た目によらない姿” 見た目によらない姿???
3mcgomez@hatena 2018/08/11 09:14
ヴィンランドサガっぽい。
4Galaxy42@hatena 2018/08/11 10:01
太平洋沿岸のヤコウガイとかも交易品だよな。
5paravola@hatena 2018/08/12 12:01
(交易)今から1000年前....当然ながら楽に生活できる環境ではない。彼らはなぜそこにとどまり、どのように生き延びたのだろう?/農業と漁業で生計を立てていたノース人には、もう一つ重要な収入源があったというのだ
6soul_soul_Q@hatena 2018/08/16 11:04
ヴィンランドサガ的な
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-08-10 17:50:01:1533891001:1534598731
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応