孤独でいる人ほど人間の本質を見抜く洞察力が優れている可能性(米研究) : カラパイア

好む好まないにかかわらず、孤独な人生を過ごしている人は、内向的で人と関わっていくのが苦手なイメージがある。 だがそれは、積極的に社会活動を行っていないだけで、実は、高い社会性を内に秘めている可能性があるという。 新たな研究によると、孤独で内向的な人ほど、人間の本質を見抜く洞察力に優れているというのだ。 内向的な人ほど他者を理解する能力に長けている この研究を行った、エール大学の心理学者、アントン・...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1psyashes@hatena 2018/04/17 12:37
内省的で自分の内面と向き合う事に重きを置いているからこそ、自分を含む人間の性質に理解が深まる。
2slkby@hatena 2018/04/17 20:47
内向が行き過ぎて人類滅べ♥になりました
3sutannex@hatena 2018/04/17 23:06
“新たな研究によると、孤独で内向的な人ほど、人間の本質を見抜く洞察力に優れているというのだ。”(・∀・)
4redmagic1417@hatena 2018/04/23 17:32
行動として内向的な人々の何割かは、そもそも自分の言動が他人にどういう影響を及ぼしているかを考えすぎてストレスになって人付き合いを避けるわけで、まぁ敏感な人であるという傾向は示すのではないだろうか。
5monoshirihanako@hatena 2018/04/26 01:25
内向的で孤独だけど、自分の気持ちには敏感で他人の気持ちには鈍感...
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-04-17 09:02:01:1523923321:1531715613
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応