ボルバキアを使用した不妊虫放飼でネッタイシマカの個体数を減らす大規模実験「Debug Fresno」 | スラド サイエンス

Alphabet傘下のVerilyは14日、Sterile Insect Technique(SIT: 不妊虫放飼法)によりネッタイシマカの個体数を減少させる実験「Debug Fresno」を米国・カリフォルニア州フレズノ郡で開始した( Verily Blogの記事 、 プロジェクトページ 、 The Vergeの記事 、 9to5Googleの記事 )。 Debug Fresnoはバイオテクノロ...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1gimonfu_usr@hatena 2017/07/17 22:57:39
( ボルバキア感染の雄と雌の間の卵は致死らしいけども、ボルバキア感染の雌はバリバリ生き残り単性生殖するらしいが、大丈夫か。ハチの場合だけかな。)
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-07-17 14:32:01:1500269521:1500964557
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応