福沢諭吉の合理性が大正時代には群馬の校長へと届いていた - 山下泰平の趣味の方法

2017 - 03 - 20 福沢諭吉の合理性が大正時代には群馬の校長へと届いていた 明治の人々 明治文化 学問のすゝめについて 明治時代の先鋭的な人々は、迷信を嫌う傾向があった。そして合理性を追及していた。彼らは時には病的なくらいに迷信を痛罵し、信仰を小馬鹿にしたりする。 彼らが迷信を嫌うのには理由があって、誰もが筋道を立てて考えられる国にしたかったからである。この辺りのことについては、私がかっ...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1usausamode@hatena 2017/03/20 19:42:48
なんとも...
2tokatongtong@hatena 2017/03/20 20:36:11
でも貧富格差の問題を合理的に説明しようとして、余りにも素朴単細胞すぎる公正世界信念持ち出しちゃったことが、現代日本人の思想にかなり悪影響及ぼしてる感じ。
3nunux@hatena 2017/03/21 01:29:54
教育 迷信 福沢諭吉
4kaos2009@hatena 2017/03/21 09:15:28
“明治時代の先鋭的な人々は、迷信を嫌う傾向があった。そして合理性を追及していた。彼らは時には病的なくらいに迷信を痛罵し、信仰を小馬鹿にしたりする。”
5lucifer_af@hatena 2017/03/21 13:07:29
「『学問のすゝめ』には、今となっては当り前のことしか書かれていない。『学問のすゝめ』が売れたのは、当時は当り前ではなかったからである。当り前にするために、数知れぬ人々が様々なことをしたりしなかったり」
6kk831@hatena 2017/03/24 15:58:09
「現在の日本では、科学が嫌いで理屈で考えない人が多い。」
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-03-20 17:21:01:1489998061:1498702050
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応