家事代行サービスは「家事をしすぎている日本女性」を救えるか? (1/3) - ITmedia ビジネスオンライン

家事をしすぎている日本女性。家事の負担は社会進出が進む女性の“重石”となっている。対応策として期待されている「家事代行サービス」のイマをCaSyの加茂雄一CEOに聞いた。 日本の女性は家事をしすぎている。女性の社会進出は進んでいても、家事の時間は15年間でほとんど減っていない。しかも負担の男女差は1:5と非常に大きく、「共働きでも夫は家事をせず、妻ばかりが家事をしている」という状態。子育て世帯の国...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1ao8l22@hatena 2018/02/14 11:39:35
取材しました!我が家は家事代行サービスで生活を維持しています。その一方で「夫ブロック」などが家事代行利用を阻んでいるケースもあるそうな…。
2Dai_Kamijo@hatena 2018/02/14 12:14:25
取材しました!我が家は家事代行サービスで生活を維持しています。その一方で「夫ブロック」などが家事代行利用を阻んでいるケースもあるそうな…。 / “家事代行サービスは「家事をしすぎている日本女性」を救えるか
3daybeforeyesterday@hatena 2018/02/14 23:50:57
舵を、きれますかね
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-02-14 08:31:01:1518564661:1519381163
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応