Googleがウェブの煩わしい広告を表示させないようにする変更をChromeに追加 - GIGAZINE

ウェブサイトに表示される広告はそのサイトの運営資金になるなどの役目を果たす一方で、ページ全体を覆うような広告や強制的に動画が再生されてしまう広告など、閲覧者の利便性が無視された好ましくない広告があるのも事実です。そんな問題に対処すべく、GoogleはChromeでそのような広告を表示させないようにする変更を2018年2月15日に加えることをブログで発表しました。 The browser for a...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1gabill@hatena 2018/02/14 20:29
GoogleがWebのルールを決めてしまう恐ろしさと、グッジョブという気持ちがせめぎ合ってる。
2hitac@hatena 2018/02/14 21:29
どうせ「ただしGoogleの広告は除く」なんだろ?
3cutplaza@hatena 2018/02/15 01:10
“ページ全体を覆うような広告や強制的に動画が再生されてしまう広告など、閲覧者の利便性が無視された好ましくない広告”
4takamocchi@hatena 2018/02/15 09:45
スマホで「画面の中段あたりから浮かび上がり、ゆっくり下にスライドしていく広告」も対象になってそう。期待。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-02-14 15:36:01:1518590161:1527133138
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応