地元密着のスーパー 自己破産申請へ 山梨 | NHKニュース

山梨県で地元に密着した経営を掲げ、韮崎市などでスーパーを展開してきた「やまと」は、他社との競争の激化で業績が悪化し、裁判所に自己破産を申請することを決めました。 この会社は大正元年創業で、地元に密着した経営を掲げ、店舗がない地域で移動販売車も走らせるなどしてきました。 しかし、会社によりますと、大手や地元の同業他社との競争が激しくなる中、業績が悪化して経営に行き詰まり、来週中にも甲府地方裁判所に自...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1qwerton@hatena 2017/12/07 14:49:36
おいおいまじかよ。
2nisisinjuku@hatena 2017/12/07 15:45:08
「スーパー自己破産」? ⇒ 何かの必殺技か? あぁ「スーパー自己破産申請」ね!申請スタイルの話か!! ⇒ 全然違ったw
3bobcoffee@hatena 2017/12/07 18:28:13
地方スーパーマーケットの倒産はよく聞く話。薄利多売で顧客減少なら関連サービスで利益上げないと潰れる所が出てくるだろうね。
4maturi@hatena 2017/12/07 19:45:45
エルピーダの倒産と言い、日銀法改正が遅すぎた
5Dursan@hatena 2017/12/08 06:11:17
ちな、山梨で一番大きい小売は地元のオギノです。(だよね?、山交より大きいよね?)
6lli@hatena 2017/12/08 09:16:09
仮に地元で唯一のスーパーがなくなった場合、ユニバーサルサービスとして小売店を設置する必要ってあるんだろうか。国土維持と住むことは別のことと考えるべきか。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-12-07 06:28:01:1512595681:1513496235
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応