レイプに対する「日本の沈黙文化」、海外の視線集まる 伊藤詩織さんの訴え | NewSphere

元TBS記者の山口敬之氏から性的暴行を受けたとするフリージャーナリストの伊藤詩織さんの訴えが、海外メディアで大きく報じられている。ハリウッドの有力プロデューサーのセクハラ問題をきっかけに、アメリカのみならず世界各地で「#Me Too」ムーブメントが広がった。だが詩織さんの事件が示すように、日本では性的暴行やいやがらせを受けた女性への理解は依然として低く、被害者にとって非常に厳しい社会だと指摘されて...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1Panthera_uncia@hatena 2018/01/13 08:04
沈黙してるのはマスコミだけですので
2kaz_the_scum@hatena 2018/01/13 09:22
DMM英会話でネタにしたら、講師がNYTの記事知ってたよ。別に日本人の生徒との会話でというわけでもないらしい。オワコン国家日本の醜聞は地球規模。
3dgwingtong@hatena 2018/01/13 11:16
ドヌーヴはレイプは存在しないと主張
4ermanarich@hatena 2018/01/13 20:37
刑事事件で不起訴確定(イコール無罪)になった人を執拗に叩くマスコミはリベラルファシズム一色に染まってますな、日本にいる契約記者が軒並みサヨクとつるんでるからバイアスがかかるんでしょうけど
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-01-13 01:57:01:1515776221:1529526123
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応