揺れる「通信の秘密」、ブロッキング問題の根幹 | 日経 xTECH(クロステック)

有料会員限定記事 現在は登録会員(無料)の方も閲覧可能です 「現時点で、海賊版3サイトをブロッキングする予定はない。したがって、原告の請求は直ちに棄却されるべきである」――。NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は2018年8月3日、こう主張する準備書面を東京地方裁判所に提出した。 インターネット接続事業者(IS...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1MyPLB@hatena 2018/08/10 10:46
日本における「通信の秘密」は、どのような目的で成立し、発展してきたのか/ネットワーク中立性について、欧米に先駆けて実質的な法規制を/別の法律で対処すべき領域も「通信の秘密」で統制/「付け入るスキ」があった
2isrc@hatena 2018/08/10 11:34
特定のサイトやアプリケーションへのブロッキングや帯域制限は、欧米では一般に「通信の秘密」でなく、「ネットワーク中立性」の問題/総務省はネットワーク中立性について、欧米に先駆けて実質的な法規制を実現
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-08-10 01:49:01:1533833341:1534711097
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応