乱数検定の長年の懸案、離散フーリエ検定テストを完全修正 京都大学 | 大学ジャーナルオンライン

2018年8月10日 乱数検定の長年の懸案、離散フーリエ検定テストを完全修正 京都大学 大学ジャーナルオンライン編集部 現在、携帯電話など世界中で用いられている標準暗号(AES)。このAESが2001年に選定された際、評価ツールとして乱数性評価テストNIST SP 800-22が使われた。ところが、その一つである「離散フーリエ検...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1Palantir@hatena 2018/08/10 23:31
のっとあぷりかぶるが外れちゃう…
2ad2217@hatena 2018/08/10 23:39
NIST の乱数検定、いろいろザルだったからな。あとで偉い人に説明してもらう。
3osiripenpenski@hatena 2018/08/10 23:48
検定テストて。
4kw5@hatena 2018/08/11 02:22
完全に理解した
5honseiri@hatena 2018/08/11 10:12
何書いているか全く分からんけどすごそうだな。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-08-10 14:32:01:1533879121:1534598774
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応