温室効果ガスの排出が少ない「環境保護牛」を、遺伝子組み換えでつくるプロジェクト:カナダで進行中|WIRED.jp

NEWS 2017.07.17 MON 16:00 温室効果ガスの排出が少ない「環境保護牛」を、遺伝子組み換えでつくるプロジェクト:カナダで進行中 畜牛が排出するメタンガスは、世界の温室効果ガス排出量の9.5パーセントを占めているのだという。そこでカナダの研究所はメタンガスをあまり排出しない牛に着目し、その遺伝子を活用することでガスをあまり排出しない「環境保護牛」をつくり出そうとしている。 TEX...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1zyzy@hatena 2017/07/17 16:20:26
下手すると一番効果ある温室化効果対策になりうるからなぁ、この件は
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-07-17 12:20:01:1500261601:1506276261
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応