ネットフリックスを支える独自の「解雇」哲学 | ワークスタイル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

ネットフリックスには、シリコンバレーでも一目置かれる高度な企業文化がある(写真:Mike Blake/ロイター) 「シリコンバレー流の働き方」と聞いて、どんなイメージを持つだろうか? 広々としたオシャレなオフィスで働き、社食でおいしいランチを食べて、ペットを連れていってもよく、無限休暇などすごい福利厚生があって、もちろん給料も高い、というのが多くの人が共通で抱くイメージかもしれない。 しかし、こう...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1katsyoshi@hatena 2018/04/17 08:16
"ただし、付け加えておくべきは、マッコード氏自身も解雇の対象になったという事実だ。" これほんま好き
2strategy-pm@hatena 2018/04/17 12:20
働き方って解雇の話もセットですよね。紹介されてる書籍の日本語訳ないのかな。
3mixvox-j@hatena 2018/04/17 12:58
"規則よりも、論理や常識に頼るほうが良い結果が出て、コストも安くつく"
4nhymju1477@hatena 2018/04/17 16:01
カタカナで書く違和感
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-04-17 01:18:01:1523895481:1531747809
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応