実名357社を大公開! AI革命で10年後消える会社、生き残る会社(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(5/5)

大木昌光(おおき・まさみつ) 65年生まれ。ファイブスター投信投資顧問取締役運用部長。早稲田大学法学部卒。日本興業銀行、リーマン・ブラザーズ証券、ドイツ証券などを経て、現職 加谷珪一(かや・けいいち) 69年生まれ。経済評論家。東北大学工学部卒。日経BPに記者として入社。野村證券グループの運用会社に転じ、独立。政府系金融のコンサルティングなどを行う 鈴木貴博(すずき・たかひろ) 62年生まれ。百年...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1mzi@hatena 2017/09/13 08:06:49
まあ色々意見はありますな。事例を持っている会社が高得点。
2kaz_the_scum@hatena 2017/09/13 12:14:02
オワコン業界で口に糊する身としては、持たない生き方を実践するしかない。どうしたもんやら。
3masalib@hatena 2017/09/13 12:56:06
3,5年後に検証したい。批評した本人もどうなっているのかも!!
4shinji_HK@hatena 2017/09/13 18:25:05
最終ページの表が一番面白い
5kiichi55@hatena 2017/09/14 03:16:33
瀧本さん、だいたい生き残るっしょ、って感じでマルをつけている感じで、マルがないところは、本当にヤバそうという感じがする。
6kojette@hatena 2017/09/15 06:45:17
根拠薄弱
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-09-13 03:48:02:1505242082:1510976328
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応