福島第一原発1号機 ロボット調査で撮影の画像公開 | NHKニュース

東京電力福島第一原子力発電所の1号機で始まった、ロボットによる内部調査の経過が報告され、18日に格納容器にたまっている汚染水の中の撮影が行われましたが、燃料デブリがあると見られる床の部分は、はっきりと確認できず、東京電力は今後、画像を詳しく分析するとともに、さらに広い範囲で調査を続けることにしています。 東京電力は、格納容器の内部で、カメラと線量計が取り付けられたロボットによる調査を行っていて、初...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1xevra@hatena 2017/03/20 11:49:48
7800000μSvという人間なら即死の地獄絵図。10万年は人は近づく事すらできない。高い危険な原発を自らの利権着服の為だけにゴリ押ししてきた利権屋達と、それらに騙されてるバカどもは現実を直視しよう
2venom@hatena 2017/03/20 12:19:48
このころの人類って底抜けに愚かだったんだなと、未来の人に言われるんだろうなあ。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-03-20 03:32:01:1489948321:1500906590
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応