劣等感は切ない ベジータの孫悟空コンプレックスについて – マンバ通信

(上田啓太さんによる、中期ベジータについてのお話です。前期ベジータについては こちらから どうぞ。) 悟空とベジータは永遠のライバル。なんとなく、そんなふうに思われている。しかし私はこれほどアンバランスな関係をライバルと呼んでいいのかわからない。本当にこの二人をライバルと言っていいんだろうか? 要するに、ベジータが悟空を思うほどには、悟空はベジータのことを思ってないんだが、それでも二人は「ライバル...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1santo@hatena 2017/03/20 17:37:28
ドラゴンボールのドラマは意外と深い。天才鳥山の視線は意外なほど深い。
2kanno_kanno@hatena 2017/03/20 21:05:37
“これは無自覚な人間がいかに他人に劣等感を植え付けるかの見本である。”
3nemurenai-same@hatena 2017/03/22 17:59:50
悟空って無邪気という名の無神経なんだなー。でも気をつかわれたらつかわれたで、ベジータは面白くないんだろうな。って、マンガ読んでなくてもおもしろく読める文章。
4toruyy@hatena 2017/03/25 18:20:16
最高かよ "ベジータは劣等感によって、相手の思ってもいないことを勝手に読み込んでしまっている。悟空の心を読んだつもりで、自分の内心を吐露してしまっている。"
5Louis@hatena 2017/04/16 00:38:02
腐女子フィルターっぽい
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-03-20 15:01:01:1489989661:1495657982
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応