経産省「次官・若手ペーパー」に対する元同僚からの応答 - HIROKIM BLOG / 望月優大の日記

2017 - 05 - 19 経産省「次官・若手ペーパー」に対する元同僚からの応答 Tweet 経済産業省の「次官・若手プロジェクト」による ペーパー が話題になっていた。私自身、新卒時に同省で働いていたのだが、このペーパーの作成に私の(個人的に親しい)同期なども関わっているようだ。 不安な個人、立ちすくむ国家 〜モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか〜 平成29年5月 次官・若手プロジェクト |...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1hirokim21@hatena 2017/05/19 23:18:41
【ブログ更新】話題になっている経産省のペーパーに対して、元同僚として応答(反論)してみました。ご一読ください。
2arc_at_dmz@hatena 2017/05/20 00:16:12
きたきた、こういう議論こそ重要。私は個人的にはこの記事の側に立つ。
3dokushok@hatena 2017/05/20 00:40:41
参考になる視点
4shea@hatena 2017/05/20 01:04:04
確かに、緊縮が良い方向じゃないのはわかるが、現状のように、高齢者のために多額の金が垂れ流され、その分配は現役に来ない状況に耐え続けなければならないのか。延命を選べる社会を壊しても、母子家庭を救いたい。
5Moonlightdance@hatena 2017/05/20 01:04:10
こういうことだから、この作者は経産省を去ったのでしょう。私はこういうスタンス好きですけど。
6shinichiroinaba@hatena 2017/05/20 01:30:54
“こういった考え方を2つにまとめるとこうなる。 ①「緊縮(=財政の縮小)」 ②「世代間対立(=財政の投資化)」 このスタンス、この社会像に私は反対する。”
7yasudayasu@hatena 2017/05/20 01:32:07
「民でできることは民に委ねる」って発想の頃は、民では上手くできないものがあるのを前提としてたはずで、考えるのはそれが民と政府どちらが適任かだったけど、今やどうすれば「民に渡せるか」「民を取込めるか」に
8Gl17@hatena 2017/05/20 01:58:29
そう、緊縮&世代対立(分断)、核心はそこで、経団連的な従来の政財界路線そのもの。『年金を受け取ることのスティグマは強化され、「延命治療を受けたい」と口に出すことは憚られるようになるだろう』
9akio6o6@hatena 2017/05/20 02:51:00
“力ある者が真面目な気持ちで危機を煽るとき、力なき者は自分の立っている地平を見失ってはならない。”
10electrica666@hatena 2017/05/20 03:04:02
優先度の問題になってしまう。あのペーパーがアクセル、この論調がブレーキでいいのでは。この論調のみでは結局上野氏の言う「緩やかな衰退」の未来しか見えない。
11bum-bum@hatena 2017/05/20 03:07:55
"力なき者たちが自らの支えを失ったとき、彼ら=私たちが自分の指導者として誰を選ぶにいたるか。その想像力こそが、煽られた危機に臨む私たちにとっての試金石となるからである。"
12whiteskunk@hatena 2017/05/20 03:54:56
問題点整理としてはこれが一番整理されてる。あれ、すっげえこわいこと言ってるんだよね。担当者はあれをどんな気持ちで作ったんだろう…ってことをずっと考えてる。
13barubari2955@hatena 2017/05/20 04:29:00
上野さんの話はまた違うとは思うけど概ね参考になった(上野さんは民間の人ですもの)。官僚の忖度カスタムになってしまっている。
14nicht-sein@hatena 2017/05/20 04:32:56
議論があたらしくないことも、怖いことを言っていることも同意はする。対策についてもわからなくは無いけど、税制をいじってどうにかなる段階はとうにすぎている印象。
15laislanopira@hatena 2017/05/20 04:41:08
"これまで何度も言い古されてきた緊縮・福祉国家再編の論理であり、新しさはほとんどない"
16crema@hatena 2017/05/20 04:55:36
明日全文読む。
17haruhiwai18@hatena 2017/05/20 05:24:53
"①「緊縮…②「世代間対立…この社会像に私は反対する。""歳入サイドについても検討・議論の範囲を広げるべき" →せやな(こなみ。/そもそも日本は「小さすぎる政府」http://ur0.biz/DC3gだという観点から議論すべき話
18mame_3@hatena 2017/05/20 05:33:00
分配が「現役に来ない状況に耐え続け」ろなんてどこにも書いてないじゃん。再分配強化しろ、弱者のスティグマを強化するなって書いてある。なんでそういう重要な事まるっと無視してブコメしてんの?
19andonut146@hatena 2017/05/20 05:33:38
全員貧乏になるとコミュ障には生き辛い社会になるなぁ…。お金で居場所が買えなくなるので。
20mrchipig@hatena 2017/05/20 05:56:32
パイが少ないがために起こる単なる弱者同士の利害対立なので、どっちを優先するかの話に過ぎない。結局そこで既得権を優先することが多いので、この国は変わらない。
21matsuokahajime@hatena 2017/05/20 06:01:15
出生率の低下は迷信深い国民が『ノストラダムスの大予言』を信じたせいかもしれない。今、若者はマスクもせずタバコ吸ってゲホゲホ言ってる年寄りが温暖化による感染症の大流行で死んでしまう未来を信じているのかも
22h5dhn9k@hatena 2017/05/20 06:06:59
政治ってのはそもそも「怖い」モノだからなぁ……。どの怖さの質と量、方向性を受け入れるかで……。「政治が怖くない。」って錯覚が最も恐ろしい。/件のプロジェクトの内容是非は別ね。
23chintaro3@hatena 2017/05/20 06:15:42
一次産業の問題について一言の言及も無いのは残念だ。この人も「見たくない物は見ない」の域から脱していない。
24hanywany@hatena 2017/05/20 06:23:52
こういう反論を待っていた。私にはまだどっちがどうかは分からないけど、こういう議論ができるのが健全な民主主義では。ねぇ国会で強行採決を煽る奴等よ。
25henno@hatena 2017/05/20 06:31:58
全部AIに任せて最適化してもらおう(錯乱)
26homarara@hatena 2017/05/20 06:32:46
何言ってるのか判らん。「どうするべき」の部分をもっと分かりやすく。特に、それぞれのメリット・デメリットを比較できるように。一つの方針のデメリットをあげつらうだけなら、どんな方針にもデメリットはある。
27moyacab@hatena 2017/05/20 06:34:02
①「緊縮(=財政の縮小)」は反対。②「世代間対立(=財政の投資化)」 は賛成というスタンスです。故にこども国債(保険じゃないよ)に賛成。パイを広げなきゃ始まらないじゃない。
28atsupi0420@hatena 2017/05/20 07:03:13
経産省の若手のペーパー、具体的な政策提言に踏み込んでいなくて、ただのヘタレ。逆にこの程度のレベルなのかと不安になった。
29don_tacos@hatena 2017/05/20 07:20:57
第3の可能性もある。再生可能エネルギーの普及を進めていくと、「産油国」のように働かなくても太陽と機械に仕事をしてもらって食べていけるようになる可能性もある。お金があれば解決する問題は多い。
30nemuiumen@hatena 2017/05/20 07:34:13
本来日本国民は受ける行政サービスに比べて税金を負担していなさすぎるので、課税強化が最も合理的なんだけど、国民は負担が増えることのみに敏感で、因果関係を理解できない(したくない)ので無理だな。
31charleyMan@hatena 2017/05/20 07:38:46
高齢者向けの歳出減らさずに子供向けの歳出を増やすべきというのは同意。高齢者向けの歳出減らしたら間違いなくデフレが再発するだけ。財政再建はインフレ税で!
32hogefugapiyox@hatena 2017/05/20 07:40:11
件のスライドを一読した時点で、パイを増やすことに触れられていなかったため、少なくとも自分には、高齢者に仕事を奪われますます困窮していく若者、という像しか見えなかった。批判的に読む人がいて安心した。
33a8888@hatena 2017/05/20 07:49:40
あれは全然新しくもないし、団塊jrの時の少子化対策に失敗した原因もその対策もないので同じことを繰り返すのだろうなとしか。
34Eleutheria@hatena 2017/05/20 07:55:08
なんだか藁人形的で、誰しも同意することしか述べてない。問題は、「思考停止的に」再分配強化を第一優先とするのか、50年先のために高齢者への再分配制度を抜本的に見直すことを第一優先とするのか、のはず。
35kiku-chan@hatena 2017/05/20 07:57:55
なるほど、市民の側が自己決定を浴するのと、官僚がそれを主張するのでは、意味が異なりすぎてしまうな/卑近な例だと「経営者目線を持つ労働者によるサービス残業」みたなものだろうか。違うか。。
36aomeyuki@hatena 2017/05/20 07:59:29
これも忖度の一端でしょう。安倍政権がもう少し続き、内閣府や官邸の力が増し続ける間は、役人はそちらを向いて仕事をする。あとは内容が古臭くてもパッケージし直して再販売のパターン。
37napsucks@hatena 2017/05/20 08:06:49
そうなんだよなあ。
38majidaru@hatena 2017/05/20 08:08:39
“ある個人がそれらのどちらであるかについて、誰がその線を引くのか”⇒これが政府の仕事では
39bathrobe@hatena 2017/05/20 08:11:33
“自然増は無理”と言い切っているけど、それは思い込みじゃないか?
40Galaxy42@hatena 2017/05/20 08:22:50
善意でコーティングされたソンタクが敷き詰められた撤退戦線。若手による自主的な発案の実行という偽装、に読めてしまう。疲れているのよ。
41houjiT@hatena 2017/05/20 08:24:15
高齢者の中身は均一じゃない。お前は働けるはずだと追い詰め、年金でやっと食えてる人も放逐し、経済的に立ち直ってなくても若者から老人にやり次第搾取する。それは若者の地獄を高齢者に分けただけ。解決じゃない
42sateso350@hatena 2017/05/20 08:36:07
延命治療の選択のところはむしろよいと思ったが。現在はむしろ選択できない状態で、そんなに望んでいる人が多いとも思われないのに、患者も医療側も思考停止したかのように延命のため努力を延々と続けさせられる。
43kowa@hatena 2017/05/20 08:37:26
自分で決定する社会=弱者は社会的圧力に気圧される というのは了解。だからこそ弱者の順番を考え直そうよ、という議論をして欲しい
44warulaw@hatena 2017/05/20 08:52:26
素晴らしく整理されている。若い世代は怒りを溜め、上の世代への憎悪を募らせている。それが爆発するのが、おそらく氷河期世代が老齢期に入った頃。30〜40代の我々は老人側として読み解くのが正しい。
45TownBeginner@hatena 2017/05/20 08:53:53
“持っている権利を社会の期待に合わせて自ら捨て去ることの恐ろしさに気づいているのは弱者の側だけであり、そして、誰しもいつかは弱者になるのである。”
46cl-gaku@hatena 2017/05/20 08:53:56
あれが出てこざるを得ないくらい現状が偏りつつあると理解している
47kaos2009@hatena 2017/05/20 08:54:30
「これまで何度も言い古されてきた緊縮・福祉国家再編の論理であり、新しさはほとんどない。むしろ、本資料についてきちんと考察・理解しておくべきことは、このペーパーが現在の政府全体の動きとどこが同じでどこが
48oka_mailer@hatena 2017/05/20 09:01:15
老人の延命か、母子家庭の保障か、みたいな2択がすでに欺瞞だと思う。そもそも"提示された選択肢は現状の問題を正しく反映しているか"をちゃんとチェックする必要がある。
49greenbuddha138@hatena 2017/05/20 09:07:09
息苦しさを感じる方は軟着陸よりも破壊を志す。抜本的な改革をするに破壊が必要だ。
50occha@hatena 2017/05/20 09:08:16
"こう整理してみれば明瞭なように、これまで何度も言い古されてきた緊縮・福祉国家再編の論理であり、新しさはほとんどない" 誰も考えが新しいとは言ってなくてそれが官僚から出てきたことに驚いてるんだよな
51sai0ias@hatena 2017/05/20 09:13:16
もはやそうせざるをえないところまで来ている、という感じを受けたんだよね。「国のキャパ超えてるから個人でもどうにかしてね」という投げなんだがそのレベルまで来ちゃってて官僚もそういう認識をしている、と
52Gustav13@hatena 2017/05/20 09:14:28
個の能力はトップダウンで「発揮しろ!」といって発揮できるものではない。それこそ個に最大限の裁量を与えて自由な活動を見守るような文化から生まれる。上からああしろ、こうしろいう社会で育つわけがねーだろと
53bandeapart72@hatena 2017/05/20 09:23:42
"こういった考え方を2つにまとめるとこうなる。 ①「緊縮(=財政の縮小)」 ②「世代間対立(=財政の投資化)」 このスタンス、この社会像に私は反対する。"
54Arturo_Ui@hatena 2017/05/20 09:27:50
「働いてもらうことで、高齢者に対する社会的支出の絶対量を抑制」「高齢者への支出を減らしてでも、現役・子ども世代への支出を増やすべき」、要するに「団塊ジュニア=就職氷河期世代は姥捨山に送るよ」宣言だね。
55elm200@hatena 2017/05/20 09:41:20
私は、「次官・若手ペーパー」よいと思うけどねえ。いずれにしろ、高齢者層でまだ働けるのに働いていない人たちがいるのはもったいなくない?年齢関係なく弱い人を救うべき。
56tsysoba@hatena 2017/05/20 09:42:43
「力ある者が真面目な気持ちで危機を煽るとき、力なき者は自分の立っている地平を見失ってはならない」。ペーパーと対照しつつ読みたい。
57sander@hatena 2017/05/20 09:44:13
若かろうがなんだろうが官僚はこういう考え方になる、か。まあ、こういうのじゃなきゃ公開にGOが出なかったのかもしれんが。
58zuna@hatena 2017/05/20 09:46:02
確かにあのファイルを読み終えた時「アタシは延命とかいらないや…」って自ら権利放棄しそうになったけど、こっち読んだらそのことに急に腹が立ってきた。え、でも、じゃ一体この国はどうしたら…
59AFCP@hatena 2017/05/20 09:54:55
"考え方を2つにまとめるとこうなる。①「緊縮(=財政の縮小)」②「世代間対立(=財政の投資化)」 このスタンス、この社会像に私は反対する"
60apppppp@hatena 2017/05/20 10:06:25
アレ読んで感じたことは2つだった。①日本は詰んでる ②死に様を選べ 今更過ぎて、どうということはないな。
61uskysd@hatena 2017/05/20 10:08:40
現状に向き合おうとしてる人が若手官僚の中にいるのが分かったわけで、応援していこーでいいんではないかな。盲目的な緊縮は本当に良くないと思うし、建設的な議論を展開するのがこの人なりの応援なのかもだけど。
62komuku@hatena 2017/05/20 10:23:25
“個人や企業、市民セクターなどが社会課題の解決主体でありうるということが、国が社会問題の最大・最終的な解決主体であるということの責任を免除することを帰結することはありえない。”まさに。
63jiro_kit@hatena 2017/05/20 10:43:05
“表面的な「自己決定」が「社会からの強制」に等しくなる”自分はこの可能性に気づけなかった/こういう議論ができるというだけでも件の資料は価値がある
64mcgomez@hatena 2017/05/20 10:50:48
あのペーパーで緊縮財政とまでは触れて無くない?ワイは緊縮には反対だし政府は1000兆円くらい円を刷るべき(=実質インフレ課税)と思ってるけど、その発行益を高齢者につぎ込む現在の構造は直すべきと思うよ。
65minougun@hatena 2017/05/20 10:52:15
高齢者の延命を選択肢から排除してでも、母子家庭や貧困家庭の問題を解決すべきだろうと思う。
66sona-zip@hatena 2017/05/20 11:02:37
若者が支持するものがないからな 次官若手ペーパーにはそれがある
67newbienoob@hatena 2017/05/20 11:04:53
制度を担う官僚から意見が出るのは不適切。私達がやるべきは選良は本当に選良だったのか次は誰を私達の代表として国会に送るのか、それを考えること、今までの選挙に対する私達の態度の振り返りです
68Pgm48p@hatena 2017/05/20 11:05:50
社会保障給付に対する企業の負担割合は先進国中最低水準の低さで、家計の負担割合が相対的に高い。非正規雇用への置き換えを進める企業の負担割合を見直すべきだ。経産省の若手は企業負担の議論から逃げている
69otihateten3510@hatena 2017/05/20 11:08:26
あの資料は分析は良かったよ。分析すらできてない言論が多いから皆反応したんだと思った。解決策に対しては目新しくなく、結局そこが難しいポイントだ。解決策の次にはさらに難しい「実行」がある。
70privates@hatena 2017/05/20 11:11:27
移民受け入れは、「安くてきつい」仕事を「ピンはね前提」でやらせる。違うかい?この提示がない。何時も、何処ででも。
71ubiquitous2011@hatena 2017/05/20 11:13:19
年金には期待しないで、病気になったら自分でドラッグストアへ行って安い薬で済ませてね、
72yukatti@hatena 2017/05/20 11:15:38
“本資料についてきちんと考察・理解しておくべきことは、このペーパーが現在の政府全体の動きとどこが同じでどこが違うかである”
73shozzy@hatena 2017/05/20 11:18:30
結局はさ、少子化対策しかないと思うのよ。効果が出てくるのは20年以上かかるけど、やらなければ本気で日本終了。/日本終了させたい連中に惑わされないように。
74kotoripiyopiyo@hatena 2017/05/20 11:38:33
経産省「次官・若手ペーパー」への反論。こっちの方が僕の感覚に近い。 : "力ある者が真面目な気持ちで危機を煽る"
75kakaku01@hatena 2017/05/20 11:41:26
あの長ったらしい65ページがあっさり数行でまとめられてる時点で元のペーパーの議論の迷子っぷりがよくわかる。
76noko3354@hatena 2017/05/20 11:58:48
この記事書いた人は現状維持の方がましってスタンスなのかな? 私は今の制度は変えないと全員共倒れになると思うな。
77hirokinko@hatena 2017/05/20 12:09:02
“力なき者たちが自らの支えを失ったとき、彼ら=私たちが自分の指導者として誰を選ぶにいたるか。その想像力こそが、煽られた危機に臨む私たちにとっての試金石となるからである。” 引用しきれなかった…
78Tesh@hatena 2017/05/20 12:12:57
上の世代が下の世代を一方的に殴って、下の世代が反発の様子を見せたら「喧嘩はやめよう」とか言い出すの本当にクソだと思います/そもそも現状がこれなのを理解してない人が多すぎる→ http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5120.html
79wow64@hatena 2017/05/20 12:18:42
ある時点で団塊世代がどっさり死んで高齢者福祉が自然に減るっていう視点は入ってるのかな。『高齢者の数がどんどん増えるなかで』
80rain-tree@hatena 2017/05/20 12:31:46
“表面的な「自己決定」が「社会からの強制」に等しくなる構造を想像するのは容易い” | 最後の一文のメッセージを幾度も再確認したい。
81lli@hatena 2017/05/20 12:32:43
緊縮とは言ってない。むしろ若年世代への投資でバランスシートは拡大する方向だと思ったよ。あと2050年頃をピークとして日本の平均年齢は再び下がり始めるから2060-70年あたりに国債でBIでもやってインフレさせたら?
82ustam@hatena 2017/05/20 12:39:02
煽るもクソも危機は現実なんだよな。楽観的な未来像を描ける状況ではない。30年遅い。変なやつが言い出すから総スカン食ったけど「最小不幸社会」が現実路線と思う。
83awkad@hatena 2017/05/20 12:44:29
少子高齢化で完全に詰んでるんだから、誰がどう議論しても解決策なんてでねーよ。人口が激減する時点で中国に属国化されるでしょう。平和ボケ日本人はまったくそういう発想しなけど。戦争は今も起こっている。
84toraba@hatena 2017/05/20 12:45:08
経産官僚の中野剛志によれば経産省の多数派は程度の差はあるけど古賀みたいな「改革志向」らしいので、若手の跳ね返りによる反乱文書というより経産省の規定路線を加速させる為のペーパーなのかな
85midnightseminar@hatena 2017/05/20 12:47:35
パラパラとしか読んでないけど、“私個人の感想としては「よく聞く話」”に同感。ちきりんとか岩瀬さんとかが言ってそうな、実務家による現代社会論のよくある紋切り型だよな〜という感じ。
86mventura@hatena 2017/05/20 12:50:32
"持っている権利を社会の期待に合わせて自ら捨て去ること" バブル世代は逃げ切って氷河期世代くらいからそんな未来が成立してたりして
87Dai44@hatena 2017/05/20 12:53:22
あれ?ペーパーって人口自然増狙いなのかと思ってた
88wbbrz@hatena 2017/05/20 12:58:21
ん?「ざっくりまとめ」の時点で認識が違うなー。「老人だけど元気なら働いてもらい、老人じゃなくても弱者なら支援する」みたいな話を「緊縮」とまとめるのは、違わない?
89axaxaxaxxaxaaxaxaxaxaaxaxa@hatena 2017/05/20 13:00:04
あれは緊縮ではないよ、だって国家の権力を個人にまで手を広げるってことでしょ、国が管理するんだからお金はかかる。大きい政府指向だと感じた。
90chess-news@hatena 2017/05/20 13:10:53
良い議論だな
91cleome088@hatena 2017/05/20 13:11:00
あれは人が年寄りだろうと無残に大量に死んでいく世の中がどんなに荒むか、を想像してない文章だと感じた。だから貧困に苦しむ人口のボリュームゾーンたる団塊ジュニアに救いを付け加えなければならないと感じた。
92sasa2718@hatena 2017/05/20 13:12:02
元官僚らしくデータを読まずに空気を読んだ記事
93takatomo-h@hatena 2017/05/20 13:23:58
つまり詰んでるという事 その一言に尽きる
94abracadabra321@hatena 2017/05/20 13:49:11
この論点で政策論争にならない与野党構造が糞なので、再編による新しい対立軸が必要。おっと小池ファーストの会は不要。
95narwhal@hatena 2017/05/20 13:58:58
"これまで何度も言い古されてきた緊縮・福祉国家再編の論理であり、新しさはほとんどない" "基本線としては「一億総活躍社会」という政府全体のスローガン及び関連する政策内容とかなりの程度呼応している"
96doas1999@hatena 2017/05/20 14:09:20
こういう議論を産んだというだけでも、あれを出した価値は充分にあるんじゃないかな。
97danboard_twins@hatena 2017/05/20 14:13:36
「お前ら自分でなんとかしろ」か。今の大人は心も体も100年近くもつ(QOL保って働き続けることが出来る)ように教育されてない(根性頼みは論外) だからって今の子供がそれを配慮した養育・教育を受けてるかってえと…。
98quick_past@hatena 2017/05/20 14:14:35
そりゃ若手だから老いを近くに考えられず、切り捨て論になってることすら自覚できてないんじゃないの。色んな視野や角度から見る方法を教えて育てるのが組織の務でしょ。
99b4takashi@hatena 2017/05/20 14:20:31
この記事に全賛成とは思わないが、こうやって「この点はここが良くないだろ」と建設的な議論が出来ている点は良いのでは
100teraayashi@hatena 2017/05/20 14:32:24
ギリ20代としては、ぶっちゃけ今に見てろと思ってるよ。予算見てると年金保険に入らざるを得なくなったし、生活苦しいけど、自分のことはどうでもいいから子供に投資してほしい。
101Yagokoro@hatena 2017/05/20 14:54:50
老人が死なないというのが、どれだけおぞましい事か理解していない。
102retire2k@hatena 2017/05/20 15:00:17
「金持ってる高齢者には健康保険しっかり払ってもらう」くらいは言って欲しかったと思うけどね
103tick2tack@hatena 2017/05/20 15:00:47
1.税制をもっと考えよう 2.弱者とそうでないものの線引きを自分でさせない 3.民は公のサブではあっても代替ではない、という意見。よくわからんが政府の見解とあまり変わってないよ、ということらしい。
104qpci32siekqd@hatena 2017/05/20 15:04:17
元のを読んだ時にも思ったけど、公共で何かをしようとするとそこから溢れる人、全員の合意も得られないので、じゃあどうすんだと。同じ将来像とリスクを背負える人が集まってギルド設立し職と再配分なんかね
105tokage3@hatena 2017/05/20 15:10:16
優秀な若手官僚に「パイを増やそう」あるいは「上手に金を回そう」っていう発想が最初から全く無いのには絶望的な気分になりましたわ。日本の官僚、実はダメなんじゃ?
106shinonomen@hatena 2017/05/20 15:11:22
反緊縮は良いが何を増税するのか。何を増税するにも弊害があるので具体的に言わないのは無責任。
107toronei@hatena 2017/05/20 15:11:49
元経産省でペーパー作成世代と近いというかほぼ同じ人からの、あのペーパーへの反論。
108bb_river@hatena 2017/05/20 15:37:55
緊縮か積極かと金をどこに振り向けるかは別なのに「緊縮財政・若者中心」「積極財政・高齢者中心」という二択になってきてる気がする
109monado@hatena 2017/05/20 15:42:40
例えばペーパーで否定されているのは、「延命治療」じゃなくて、「非人間的な延命治療」だったりする。複雑な話を理解できないレベルの人は口出さない方がいい。
110tuka8s@hatena 2017/05/20 15:51:06
“表面的な「自己決定」が「社会からの強制」に等しくなる構造を想像す”自由です自分で決めて下さい。自己で決めたと言いながら、その実社会から強制されている。それで自由を標榜するとかなんというディストピア。
111m-matsuoka@hatena 2017/05/20 15:53:10
id:shea←高齢者の金は介護施設で働く若者や母子家庭の母親の収入になっている。id:shinonomen←日銀の輪転機で1万円札を印刷する。財源を作るとは通貨を作ることであって、増税で集めるものでは無い。
112natu3kan@hatena 2017/05/20 15:55:25
体が元気で働けると社会に認定された高齢者が福祉を受けられずに死ぬなら社会福祉費減って天国。って貧しい人ほど金渡したら使ってくれる優良な消費者なのに殺すのかあ。(10倍金持ちでも消費も10倍にならない)
113paradisemaker@hatena 2017/05/20 16:11:33
まぁ人口減による社会の衰退の問題で正面から移民の問題を論じない時点で本質論から逃げているとしか言いようがないわね
114bigger@hatena 2017/05/20 16:37:48
雑。あの資料の重要点は「高齢者向け社会保障より教育や子育てを優先すべき」と言う主張。そのために働ける高齢者には働いてもらい(その方が幸福度が高い)、延命治療を自己選択(他の先進国では普通)してもらう。
115POTPOTATO@hatena 2017/05/20 17:16:00
高齢者への配分を単純に減らすと高齢者となった親の面倒を見る現役世代に負担が回る事になると思うのですが、あまりそういう話は出てこない様に感じます。おそらく母子家庭の様な貧困世帯の方がその影響は大きいです
116htnmiki@hatena 2017/05/20 17:16:56
未来のない老人よりも未来のある子供に金を使おうとストレートに言うとフルボッコで回りくどく言うとこんな感じで否定されて絶望しかない。八方美人は害だとはっきりわかんだね。
117Hidemonster@hatena 2017/05/20 17:30:02
シャドーボクシング感。もっと建設的な批判しようぜ!!
118hiroaj@hatena 2017/05/20 17:45:45
経済を拡大させる事が書いてないことに突っ込んでほしいなあ。老人も子供も借金問題も解決する理想論に見える状況に2013年の財政拡大で手が届きそうだったのよ。なぜか緊縮して消えたけど…
119saihateaxis@hatena 2017/05/20 18:01:36
緊縮路線は右も左もなのが問題なんだよなイデオロギー関係なしに
120shigeto2006@hatena 2017/05/20 18:50:17
件のペーパーが問題なのは、いまだに「世代間対立」という時代錯誤の枠組みで社会を捉えていることなのだよね。日本社会のエリートであるはずの官僚が周回遅れでは、日本衰退は不可避。
121wuzuki@hatena 2017/05/20 19:03:02
緊縮財政、世代間対立についてはまだ私は自分の立場は決め切れていないけど、制度と弱者の関係、自己決定と社会からの圧力については望月さんの考えに近いかも。望月さんの視座からは毎回いろんな知見を得ています。
122armadillo75@hatena 2017/05/20 19:14:40
この件、議論が深まるのはいいと思う。個人的にはじっくり考えたい。
123IkaMaru@hatena 2017/05/20 19:15:25
高齢者を境遇に応じて扱おうとしたら資産課税に触れるしかない。それを避けるから一様に甘いか一様に残酷かの二択しか高齢者に提示できない
124shiroimai@hatena 2017/05/20 19:39:11
私はパッと見「ペーパー」寄りのスタンスですが、深く考えてないのでこの記事やブコメを静観。
125paravola@hatena 2017/05/20 19:47:04
(行動を縛るか金を盗るかといういつものアレ)この社会像に私は反対する/現在の税制を思考停止的に前提とすべきではなく、所得税、消費税、相続税、法人税など様々な税目を検討、加えて課税ベースの強化...
126kantei3@hatena 2017/05/20 20:02:59
しかし、なぜ役所のパワポにはフッタがないのか。 ハァ?そんなこと50年経っても無理だぞ。「①まず「財政的制約」については、現在の税制を思考停止的に前提とすべきではなく、」
127iwanofsky@hatena 2017/05/20 20:08:30
こやつ、気になる
128Ves@hatena 2017/05/20 20:15:35
ブログ主は世代間対立反対・再分配機能の強化を、と書くが日本は社会再分配後に格差が拡大しており、その恩恵を享受する大半は高齢者で、結局再分配強化=世代間対立。経済成長等で全く新規の歳出を作るなら別だが…
129dissonance_83@hatena 2017/05/20 20:25:04
有限なパイがさらに減少が見込まれる現実を直視すると、"マクロ観点でよりマシな策"(=切り捨てられる人が生まれうる)が選択されやすい。私は、程度差を設け全員で痛み分け(状況に応じて全員で生活水準を下げる)派
130wata88@hatena 2017/05/20 20:40:21
オレオレ詐欺なんか世代間対立だし。医療・介護だけでなく、保育・教育の充実を望む声も多い。今ある財源だけでどうにかしようとするから歪な結論になる。皆で豊かになり、その財源で充実した社会を実現するのが基本
131tikani_nemuru_M@hatena 2017/05/20 20:44:22
現状のまま何もしないよりはあの提言のほうがだいぶマシかと思われるので、批判するなら対案が欲しい案件ですね。まあ、団塊の世代には逃げ切られた感はあるw
132desudesu@hatena 2017/05/20 20:54:39
「日出處天子致書日沒處天子無恙云云」の立場逆転して日没する国になってしまった
133ystt@hatena 2017/05/20 21:26:08
“①「緊縮(=財政の縮小)」 ②「世代間対立(=財政の投資化)」 このスタンス、この社会像に私は反対する。”
134satokunya@hatena 2017/05/20 21:32:15
自由な国と豊かな国は両立できないの?
135BT_BOMBER@hatena 2017/05/20 21:38:25
日本の現役世代向け福祉が弱いのはかつては企業が肩代わりしてたからかと/何で経産省が財布の中身の使い方の話をしてんだとは思った。それは財務省の仕事で経産省の仕事は財布の中身を増やすことだろう
136rbl@hatena 2017/05/20 21:57:58
ドワンゴ川上案件 http://blogos.com/article/224071/ https://friends.nico/@kawango/10596586
137sunin@hatena 2017/05/20 22:03:38
この視点は大事だろう。あのペーパーでは、どこかに切り捨てざる得ない層が大量に出てくるに違いない。具体的には、団塊Jr, ロスジェネ世代がターゲットにされる可能性が高い。
138kaidao@hatena 2017/05/20 22:10:20
延命治療と救命治療は、現場で見てれば同じもの
139littleumbrellas@hatena 2017/05/20 22:46:20
歳出削減で緊縮に対して増税で緊縮という提言。何だこれ。経済成長で税収増以外のオプションはいらない。
140Nean@hatena 2017/05/20 23:26:43
“表面的な「自己決定」が「社会からの強制」に等しくなる構造を想像するのは容易い”
141bebemu@hatena 2017/05/20 23:37:44
このまま潰されるのを待つくらいなら他の人を犠牲にしてでも自分にうまみが来るようにしたいとか思ってます
142beerbeerkun@hatena 2017/05/20 23:41:08
“緊縮(=財政の縮小)”予算配分を変えると言ってるのがなぜ緊縮になるのか分からないし、“世代間対立(=財政の投資化)”どこに対立が生まれたのか不明
143YenShiQwanG@hatena 2017/05/20 23:56:51
まずは、まともな親を作るところから始めないと。移民政策も同じこと。むやみに増やしたり、金をかけたりすればいいというものではない。
144Baatarism@hatena 2017/05/21 00:04:43
結局、緊縮イデオロギーを前提とした話だからねえ。
145shira0211tama@hatena 2017/05/21 00:30:46
ペーパーの方向性が緊縮でまずいは理解するんだけどにしたって今の現状の振り切れ方が酷くて今まで緩やかにでも変えたいと思ってた層が変えられないから、もう極端から極端に行くしかない!ってポジションなんじゃ?
146tsukasa5543@hatena 2017/05/21 00:38:52
既視感ある「次官・若手ペーパー」の提案に対する、既視感のある反論。で、結局何も変わらない、というこれまで辿った道と同じになってしまうのかな。。。
147kimitama74@hatena 2017/05/21 07:22:20
次官・若手ペーパーが何か社会的なムーブメントになる前に内容を整理した反論が出てきたのはよかった。議論だけは続けていきたい。
148raitu@hatena 2017/05/21 07:22:28
「現在の税制を思考停止的に前提とすべきではなく、所得税、消費税、相続税、法人税など様々な税目についての検討、加えて課税ベースの強化についてのオプションをしっかりと出していくべき」
149MIZ@hatena 2017/05/21 11:20:56
“誰しもいつかは弱者になるのである”
150marmot1123@hatena 2017/05/21 12:01:02
まだよく分からない.ちゃんと考えないと.そして考えるべき問題だ.
151Domino-R@hatena 2017/05/21 12:04:08
若い官僚達は、社会的に(経済、体力、地域・階層、性、年齢的に)「弱い」という事がよく分からないのだと思う。/人口問題は、移民政策か「標準家庭」の再考が不可避。それ抜きで「抜本的」などと言えるものではない。
152kekotinn25@hatena 2017/05/21 15:15:53
私自身はあのペーパーみて、いいな、確かにもっと現役世代・子どもたちに投資したい!と単純に思いました。いろんな見方があるって知って勉強になる。インターネットっておもろいな
153TakkyUC@hatena 2017/05/21 17:51:23
本資料についてきちんと考察・理解しておくべきことは、このペーパーが現在の政府全体の動きとどこが同じでどこが違うかである。基本線としては「一億総活躍社会」という政府全体のスローガン及び関連する政策内容
154houyhnhm@hatena 2017/05/21 21:54:12
そもそも社会の見え方が異なるのだが、社会の分析がマトモなものが日本はあまりなく。
155pseudomeme@hatena 2017/05/21 23:18:59
"こう整理してみれば明瞭なように、これまで何度も言い古されてきた緊縮・福祉国家再編の論理であり、新しさはほとんどない"
156bhikkhu@hatena 2017/05/21 23:54:03
あれやっぱ緊縮だよねえ。ていうか皆さんああいう大きな物語大好きなのね。物語と属人的信頼というのは政治的判断において人間本性に最も訴えかけるチーズケーキやな。
157yoko-hirom@hatena 2017/05/22 00:37:28
官僚たちに向けて,「あまり悪どいことするなよ」と釘を刺した記事。官僚たちに扇動された愚民どもには届かないから面倒。
158egamiday2009@hatena 2017/05/22 07:53:04
こっちの方がわかる。
159archivist_kyoto@hatena 2017/05/22 08:22:36
これも一定わかる。こうした形で議論になればよい
160gabuchan@hatena 2017/05/22 08:33:30
“①「緊縮(=財政の縮小)」 ②「世代間対立(=財政の投資化)」 ”
161takaBSD@hatena 2017/05/22 09:01:21
そもそも #貧困ビジネス の中でも悪徳な団体も #NPO だということを官僚は知ってるはずなのに。NPOがすべて善意の団体だという前提で制度設計するのは間違ってる😡
162el-condor@hatena 2017/05/22 09:50:25
まともな認識。ということは、まともな認識を持っていると経産官僚なんて務まらない、ということなんだろうか。前からそうじゃないかなとは思っていたけれど。
163www6@hatena 2017/05/22 10:54:04
良い記事。「今こそ、社会の仕組みを新しい価値観に基づいて、抜本的に組み替える時期」という恐ろしいワードが国から出ていることに対する危険性の認識がなさすぎるんだよな・・・
164securecat@hatena 2017/05/22 14:34:39
パワポにまとめてアンサーしてほしい。読むのしんどい
165h-yano@hatena 2017/05/23 03:35:47
「緊縮&世代間対立」というまとめがペーパーを読み解く軸になってて、分かりやすい。一方で、そのせいで漏れ落ちているものもあるだろうから、その辺を考えたい。少なくとも対立ではないと思うのだよね。
166ln_north@hatena 2017/05/25 03:16:33
元同僚というのはノイズになるので入れてほしくなかった感がある
167ya--mada@hatena 2017/05/25 10:41:05
緊縮ではなく、国家の勢力衰退による必然的「小さな政府」なんじゃないかな。
168masaruyokoi@hatena 2017/05/25 11:40:53
政策提言でまずはBuzっただけでも良かった。
169junmk2@hatena 2017/05/25 17:55:48
良い投げかけに良い反論。共に評価されるべき。さあ議論を先に進めよう。
170fatmonger@hatena 2017/06/01 10:58:51
政府が小さくならないと何も始まらんし、それを決定する人たちにはその気が全くないので何も動かない。まずは国会の定数削減で勢力図をすこし流動的にするところから始めたい。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-05-19 17:38:01:1495183081:1500987004
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応