リンゴの有機栽培を実現するための親子二代の挑戦 ~100年後も続く果樹園を作る~ – マイナビ農業

長野県伊那市でリンゴやモモ、スモモを育てる白鳥農園。化学農薬や化学肥料に頼ることなく、農園で暮らす生きものたちの力を借りて果樹を育てるという信念を貫き、親子二代36年の試行錯誤の末、最難関の果樹の有機JAS認証を取得しています。栽培責任者を2017年11月04日 長野県伊那市でリンゴやモモ、スモモを育てる白鳥農園。化学農薬や化学肥料に頼ることなく、農園で暮らす生きものたちの力を借りて果樹を育てると...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1agrisearch@hatena 2018/01/13 13:28:56
「現状は、慣行栽培を行っているリンゴ農家と比べて、収穫量は100分の1程度しかありません。値段も100倍にしなければ成り立たない計算になってしまって、多くの人に届けることができません」。。
2locust0138@hatena 2018/01/13 14:51:43
「現状は、慣行栽培を行っているリンゴ農家と比べて、収穫量は100分の1程度しかありません」:これが無農薬の現実。正直で好感が持てる。自称無農薬農家は胡散臭いのが多すぎるから。
3T_Tachibana@hatena 2018/01/13 15:43:00
肥料分(窒素)を減らせばその分害虫や病気も抑えられるんだけど収量も減るというのかねえ。
4TakamoriTarou@hatena 2018/01/13 16:52:37
現代の甘くておいしい品種を現代的ではない方式で育てようとするのはそもそも無理って話っぽいな。おそらく野生種に近い品種なら行けるんだと思うが。マズくて商品にはならんだろう
5tiran74198@hatena 2018/01/16 10:33:53
無農薬の作物なんてーのは穴だらけ虫だらけ小さくて貧相で苦くて食感の悪いものばかりだ。味と見栄えのに対する工夫で煮込んでただけだぞ。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-01-13 06:17:01:1515791821:1516066127
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応