もしディズニーのあのキャラクターたちが2017年の今を生きていたら?ブラックジョークで現代の社会問題を切り込んでいくイラストアート : カラパイア

イギリス・ロンドンにあるデザインスタジオ、tomwardstudioに所属するフォトグラファーのダイナ・ゴールドステインは、ディズニーのアニメーションに出てきたキャラクターたちを今の時代に転送した。 各々のキャラクターの時代背景は違えども、2017年の現代とは大きく異なる。そして彼らは現代の社会問題に巻き込まれることとなる。 ブラックジョーク満載で社会問題を浮き彫りにしていくわけだが、巻き込まれた...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1sin20xx@hatena 2017/07/18 02:00:50
「5. アラジン」の件はどう見ても何もしない男性を揶揄している絵なのにこのサイトでは意味不明な解説を入れているのだがこれは意図的なんだろうな。つまり男性にとって不利益な表現はしないと。すごく気持ち悪いわ。
2technocutzero@hatena 2017/07/18 03:15:44
印象の悪い事をしてるのが全部男、いやあ素晴らしく現代的ですな
3psrqn512kun@hatena 2017/07/21 19:04:24
これは剣の抜き方を検索してんのかな
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-07-17 19:25:01:1500287101:1500827551
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応