熟年離婚したヨネスケが激白「孤独な晩年に思うこと」(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)

人生100年時代、最晩年をどう生きるかは日本国民の大きな課題。けれども、そんな人生の終盤になって、熟年離婚を経験する人も少なくありません。タレントのヨネスケ氏(69歳)も、そんなひとり。長年連れ添った妻と別々の人生を歩む今、「最晩年」について感じていることを語ってもらいました。 ご飯はコンビニですませる 3年前の3月に長年連れ添った妻と離婚しました。原因は、率直に言えば、僕が家庭を顧みなかったから...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1haruhiwai18@hatena 2018/02/14 18:11
"酒を飲みにいくのもそうだし、映画や美術館にもよく行く。『君の名は。』もカップルだらけのなかで一人で観ました""孤独感に襲われたときこそ、行動する。そう考えてないとやってられない" →実感こもってるな(konami
2zaikabou@hatena 2018/02/14 18:24
熟年離婚した男性、決まって『寂しい食事』みたいなアイコンが登場するの、ワケがわからない
3wacok@hatena 2018/02/14 18:37
突撃!孤独の晩ごはん
4straychef@hatena 2018/02/15 04:14
隣の晩御飯より自宅の晩御飯を大事にするべきだった
5makkoihan2@hatena 2018/02/15 12:47
熟年離婚のその先。待つのは死ばかりなのね…
6taskapremium@hatena 2018/03/05 10:35
の年(69歳)で独り身となると、身体のことは心配だよね。今は肩やら背中も痛いし、特に両目が白内障と診断されていて、今度手術しなくちゃいけない。>
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-02-14 14:01:02:1518584462:1534717138
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応