3Dアバター向け汎用規格「VRM」発表。「人格の許諾情報」や一人称視点に対応 - Engadget 日本版

VRChat や VTuber (バーチャルユーチューバー転じてVR配信者総称)界隈が恐ろしい勢いで進化し続け、「自分用のVRアバターを持つ」ことがSNSアカウントのアイコンを設定する程度のことに近づく気配すらある昨今ですが、アバター用のデータ形式はこれといった統一規格がなく、各アプリやサービスごとに汎用の3Dモデル形式を読み込んだのち、環境によって異なる機能や作法に応じて調整する必要があります。...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1kei_1010@hatena 2018/04/17 00:34
ドワンゴには、この界隈のリーダー的存在になって欲しい。
2foobarchocobo@hatena 2018/04/17 00:49
イリュージョンのハニーセレクトVRA開発を期待したい
3suzukiMY@hatena 2018/04/17 08:20
https://dwango.github.io/vrm
4strategy-pm@hatena 2018/04/17 10:11
これは面白いうごきなんじゃないでしょうか。気になるのは、ドワンゴ大丈夫かくらいじゃない?笑
5yukiyankun@hatena 2018/04/17 10:30
どうしても魔法使いさんアバターだ!って思っちゃう。VR面白いなあ~もっと盛り上がってほしい。
6fu_kak@hatena 2018/04/17 11:24
おぉ
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-04-16 23:51:01:1523890261:1531853619
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応
0