クソな世界で、自由であれ:伝説の映画監督タル・ベーラinterview

気難しい人物だ、とは風のうわさに聞いていた。「クソ」を意味する言葉をよく使う人である、ということも。実際に目の前に現れた彼は、自分の作品を当然のように「クソ(piece of shit)」だといいながら、自身を「労働者(worker)」だと呼んだ。不思議なチャーミングさと思慮深さをあわせ持ち、真摯に、論理的な言葉を...

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
※メールアドレスは公開されません。
"ねとなび"は今ネットで話題になっている最新記事と最新ニュースを全部まとめてチェックすることができるサイトです。 スマートフォンからも同じURLで閲覧できます。
人気の反応
ニュース
comments powered by Disqus