玉木希望代表、会期末解散を警戒=「黒い霧」引き合いに(時事通信) - Yahoo!ニュース

希望の党の玉木雄一郎代表は17日、文化放送の番組で、安倍晋三首相が不祥事続きの現状を打開するため今国会の会期末に衆院解散に踏み切る可能性があるとして、強い警戒感を示した。 玉木氏は、自民党の不祥事が相次いだ1966年に佐藤栄作首相(当時)が衆院を解散した、いわゆる「黒い霧解散」を引き合いに、「安倍首相が悲願の憲法改正の発議を実現したいというのであれば、今国会末に起死回生(を狙い)、『黒い霧』のよう...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1hsenyo@hatena 2018/04/17 12:27:45
警戒感?さんざん国会を空転させておいて、今更何を恐れているの?やってることと言ってることが矛盾しているように思いますが。
2tarodja3@hatena 2018/04/17 12:52:13
ハハ!..なんで警戒なの?今頃?..あんたらヤメロ~、ヤメロ~の大合唱してるじゃないの、大歓迎だろうに、、、
3aramaaaa@hatena 2018/04/17 16:45:20
総辞職と解散の違いがわかってない人がいるみたいだが。
4Yoshitada@hatena 2018/04/17 17:13:53
党執行部が、どこまで官邸を押さえられるかだが……。
5gui1@hatena 2018/04/17 21:45:43
支持率0.2%なのですから、警戒とか余計な心配ですよ。政治なんかやめてもっと楽しいことを考えましょうよ(´・ω・`)
6tuzuraori@hatena 2018/04/18 00:18:55
解散したら希望の党は消滅だろうな。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-04-17 08:36:01:1523921761:1524129305
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応