「毎日が安売り」日本で通じず 西友、売却先が焦点に  :日本経済新聞

小売業世界最大手の米ウォルマートが日本のスーパー大手、西友の売却に動き出した。2002年の資本参加以降、日本市場を開拓する「虎の子」と位置づけて「ウォルマート流」を注入してきたが、消費の変化に対応できずついに見切る格好だ。合従連衡を繰り返してきた日本の小売業界に再び再編風が吹き始めた。 「ここに来れば...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1u-chan@hatena 2018/07/12 12:20
日本市場が特殊以上に、ウォルマートの幹部が無能なだけかと思う。本国アメリカでの評判の悪さは有名だし。
2straychef@hatena 2018/07/12 14:26
OKは人気ですよ
3nisisinjuku@hatena 2018/07/12 16:41
日本人は祭りが好きなんだろ。毎日がエブリデイじゃニートも寄り付かんw
4pon00@hatena 2018/07/12 17:49
それよりも先考えたら日本で商売続けるより今売った方が儲かると思ったんでしょ。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-07-12 05:48:02:1531342082:1531886529
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応