プロ野球:川上憲伸、引退表明「リハビリうまくいかず」 - 毎日新聞

元中日で、米大リーグのブレーブスにも所属した川上憲伸投手(41)が19日、現役引退を表明した。2015年9月に右肩を手術。同年に中日を退団した後は、無所属のまま復帰を目指していた。 川上は取材に「リハビリを続けてきたが、うまくいかなかった。プロ野球の開幕の前にすっきりしようと思った」と話した。 川上は徳島商高、明大を経てドラフト1位で1998年に中日入り。2004年は17勝を挙げて最多勝に輝きリー...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1sutannex@hatena 2017/03/19 21:20:59
自由契約になった後、ずっとリハビリ続けてた何て知らなかった。高橋由伸、小林幹英、川上憲伸、坪井智哉で激しい新人王争いしてたの今も覚えてる。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-03-19 14:57:01:1489903021:1498702325
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応