手紙〜親愛なる子供たちへ〜 - ちょっと待て!同居介護と保護猫ちゃん

2017 - 09 - 13 手紙〜親愛なる子供たちへ〜 介護 老父同居生活 スポンサーリンク 家族の会に出てみる 先日、町の福祉課の方からのお誘いで、役場主催の「 認知症 患者家族の会」に誘われ、どうかなあ、と思いつつ参加してきた。参加者は数組で、多くはなかったけれど、専門のドクターのお話等もあり、まあ、いろいろと考えることもあり、参考になることもあり。ちょうど隣に座られた方が、うちの近所の方で...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1igadget@hatena 2017/09/13 20:51:59
辛いですね。jenny さんは家で見てますから特にね。最近、思うんですよ。 実の両親は早死にしたけど、立派だったかも?薄っすらと忘れた記憶で美化されて残っています。 認知症って全てを覆す破壊力ありますからね。
2otonann@hatena 2017/09/13 22:15:47
色んな気持ちが混ざった涙だったのかな。先の見えない介護の疲労感もあるのかなと思いました。ちゃーに元気と癒しもらって~(^-^)
3karinasa@hatena 2017/09/13 22:19:15
確かに、親子関係って色々ありますが、根本的には良い関係が築けていなければ、こういう詩は出てこないかなと思います。介護する立場になったときにはまた感じ方が変わってくるのだろうな~。台風近づいてますね・・
4jflkg4u@hatena 2017/09/13 22:24:02
ブクマ、コメントありがとうございます。<m(__)m> 身体より先に脳の方が弱る。って、本当につらいですよねえ。。。これからますます増えていくであろう認知症、日本は、支えきれないんでは?
5harienikki@hatena 2017/09/13 23:19:39
私は全文を読みましたが、泣きませんでした。確かに母を見ていても、この歌詞の言っていることは間違っていないです。このように見守っていこうとは思いますが、親の方からこうしてくれと言われても…。ねぇ…。
6annesea@hatena 2017/09/14 01:00:53
介護にはいろんな思いがあるから、人それぞれでいいと思います。
7yuuhinooka@hatena 2017/09/14 08:06:30
「家族の会」に参加され、多少なりとも収穫があったようで良かったです。とにもかくにも、介護する人が潰れてしまったのでは本末転倒。この先、何年続くかわからないですものね。Jennyさんのお疲れが癒えますように!
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-09-13 23:22:01:1505312521:1510983388
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応