古代のポリネシア人がモアイ像に岩の帽子を被せた方法、解明される | ギズモード・ジャパン

ラパ・ヌイの南岸にそびえ立つモアイ像と石像の土台。モアイ像の1つには赤い岩滓のプカオが飾られています Image: Sean Hixon/Penn State 古代のポリネシア人がモアイ像に岩の帽子を被せた方法、解明される 2018.06.12 23:00 イースター島に並ぶモアイ像の中には、赤くて大きな“帽子”も飾られたものがあります。もっとも重いもので13トンもある“帽子”を古代の人々がどんな...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1yamadar@hatena 2018/06/13 01:03
これは、緑の世界史の出だしが覆ったのかな?
2qpni@hatena 2018/06/13 01:03
ほーん、で?これが現代において何の役に立つわけ?現代ならクレーン車使って一発やろ。絶対役に立たんわこんなの。考古学の研究はこんなのばっか。税金泥棒。趣味でやれや
3aobyoutann@hatena 2018/06/13 05:58
文字の記録を残さなかった人たちの営みを解明することが何の役に立つのか?例えばオーパーツや神の奇跡と考える非科学、トンデモへの有効な反論だとは思う。
4RM233@hatena 2018/06/13 09:22
あれ本体と一緒に石を彫ったんじゃなくて、帽子はあと乗せなんだ。そっちの方がびっくりだわ。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-06-12 16:44:01:1528789441:1534468448
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応