iモードの呪縛 成功体験が裏目に  :日本経済新聞

1990年代の「IT(情報技術)革命」から20年。人工知能(AI)などの登場により、IT市場が再び活気づいている。時価総額上位には米国や中国のIT企業が並び、日本企業の名前は見あたらない。どこでボタンを掛け違えたのか。  毎秒1.5メガビットの通信速度で月額料金30万円。価格性能比で現在の5千倍以上もする信じられない値段だが、NTTが20年ほど前まで提供していた専用線の接続料金だ。  米国防総省で...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1mskn@hatena 2018/01/13 15:24:43
失われた20年を取り返すには、自動運転やドローン(小型無人機)など成長が見込める分野で、規制緩和を通じ新しいプレーヤーを育てることが必要である。”[iot][IT]
2monochrome_K2@hatena 2018/01/13 16:24:12
2010年の著作権法改正時は違法ダウンロードの件で荒れてたけど他に今のネット利用に関わる重要な法案を通していたことは評価されるべきかも http://brightsconsulting.com/domain/topics/20100126_2/
3mkusunok@hatena 2018/01/13 21:08:52
検索エンジンのところは正確ではないし、iPhoneブーム後ドコモがiモードにこだわったことはないのでは?Android上で独自のPF戦略をやろうとしてコケたのは確かだけれども
4TakamoriTarou@hatena 2018/01/13 21:17:20
日経的には夏野が悪いと言う主張ですか?(違う
5Desperado@hatena 2018/01/13 21:50:29
日経がこんな事実誤認ばかりの記事を書いてるのも一つの要因では。
6miz999@hatena 2018/01/14 03:38:44
最後までiPhoneの導入を拒んだドコモは当時は頑なな愚策とされていたが、その後、日本の市場がiPhoneに蹂躙されたのを見るに、その危機意識は正しかったのだろう
7rgfx@hatena 2018/01/14 23:49:51
まぁSPモードだのDマーケットだのを広く「iモード的なるもの」と呼ぶならそうかもな感。IMEI見て社外製端末を弾く糞回線だったなあ。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-01-13 11:12:01:1515809521:1516108682
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応