英政府や大手メディアがYouTube広告掲載を中止--グーグルはポリシー見直しへ - CNET Japan

Googleは英国で批判を浴びたことを受けて、広告ポリシーの一部を見直す。 不適切なコンテンツや過激派によるコンテンツの横に 広告が表示された として、英国の複数の広告顧客が、Google傘下のYouTube上での広告掲載を取りやめた。その顧客には、英政府や、新聞社の The Guardian など英大手企業が含まれる。 例えば、英政府のある広告は、米白人至上主義団体クー・クラックス・クラン(KK...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1shigo45@hatena 2017/03/21 11:53:33
技術が価値中立的であることや技術水準の問題があることは営利企業の社会的責任回避の理由にはならないと思う。想定済の社会的問題への責任を一定水準以上果たしうることが前提とされるのが本来のあるべき姿では?
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-03-21 02:12:01:1490029921:1498232328
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応