iPhoneで多発するクラッシュは「中国に忖度した機能」によって引き起こされたのではないかとの指摘 - GIGAZINE

By Craig Nagy Appleは2018年7月9日にiOS 11.4.1をリリースし、端末がロックされてから1時間経過すると、Lightningポート経由でのデータ通信ができなくなるUSB制限モードが適用されたことで話題となっていました。セキュリティ研究者のパトリック・ウォードル氏は「iOS 11.4.1では特定の文字列を入力したり、特定の絵文...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1gogatsu26@hatena 2018/07/11 12:36
“Jailbreakを行っていない正規のiOS端末で「Taiwan」と入力したり、台湾の国旗の絵文字を受け取ったりしたときにiOSがクラッシュする不具合”
2xlc@hatena 2018/07/11 13:57
中国の万国旗には日の丸がないからな。十分にあり得る。
3triggerhappysundaymorning@hatena 2018/07/11 18:49
意図的なら金で中国に魂売った糞企業認定しちゃうけど?
4shimokiyo@hatena 2018/07/11 18:56
中国の巨大市場のためならポリシーを捨てたか。
5lli@hatena 2018/07/12 07:12
中国が世界の覇権を握るとどんな世界になるのかな〜
6unijam@hatena 2018/07/12 09:50
“Appleは『地域』に中国を設定したiOS端末に対して、台湾国旗の絵文字を表示させない処理を追加しており、この実装が今回のバグを引き起こしてしまった可能性がある”
7yuMi@hatena 2018/07/12 10:28
忖度の意味を毎回調べないと分からない。
8maturi@hatena 2018/07/14 06:03
有無を言わせない力こそパワー アボリジニ相手なら絶滅寸前まで追い込んだ方が勝ち、アップル相手なら逆らえさせないほどの経済力を持った方が勝ち ナチスやKKKは力が足りなかった
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-07-11 08:56:02:1531266962:1531688036
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応